ビラ&バウチャーの効果


最初の1週間は、なんとも静かに過ぎていき、
2週目は、それをなんとか打開しようと、入り口に1人立ってもらって、
通りすがりのお客様に、「TATSUMI OPEN」のビラを配布してもらいました。
ビラの裏側は、グラスワイン1杯無料のバウチャーとなっていますので、
もらってその場で入店してくれる人も、結構いました。

もちろん、最初はワイン無料につられて入ってきたので構いません。
それを次につなげられるかどうかは、私たちの仕事次第です。

今、TATSUMI に来てくれているお客様は、
このように、通りすがりの方がほとんどで、
多くの方は、ここにTATSUMI がOPENしていることをまだ知りません。
でも、この通りすがりの方に満足してもらうことによって、次につながると思っていますので、
まずは、ここが第一歩です。

さて、問題は、この無料ワインなのですが、
TATSUMI はワインリストが和食レストランにしてはかなり豊富に取り揃えています。
なので、どのワインを無料で提供するのか。ということでいつも悩むのです。

一番安いのでいいんじゃいの?

とも思うのですが、今の暇な状況を考えた場合、
安いワインを新たにあけるよりも、今すでに開いているワインを、優先的に出して行きたい訳です。
でも、その開封済みのワインが「グラスで$$16」で販売しているワインだったりすると、
「$16のワインを無料で2杯だしたら$32か。。。ちょっと痛いな」と、多少躊躇したりもします。

でも、おもしろいことに、無料でワインを1杯飲んだお客様は、
大抵「同じものをもう一杯」と、おかわりをされるのです。
おそらく、確立として、80%くらいのお客様が同じものをおかわりされます。

ワインリストは、安いものでも、十分おいしいと満足できるワインを取り揃えていますので、
グラス$8の無料ワインを飲んだ方でも「おいしい」といって、同じものをおかわりされるのです。

となると、グラスで$8のワインを無料で出したら、おかわりも$8
でも$16のワインを無料で出したら、おかわりも$16
売り上げは2倍です。
この差は大きいですよね。
大抵二人でいらっしゃるので、×2です。

この、無料ワイン&おかわりが、あまりにも出るので、
普段グラス売りをしているグラス$8~16のワインどんどんなくなり、
反対に、ボトル売りしかしていないワインが、あまり出ません。
なので、今週からは、あえて、ボトル売りしかしていないワインを、
無料ワインで出してみようと思っています。
「同じものをおかわり」と言われたら、もちろん、グラスで売らせていただきます。
でも、このボトル売りのワインを飲んで気に入っていただければ、
次に来店されたときに、「このまえ飲んだワインがおいしかった」といって、
ボトルでご注文いただけるかもしれません。
それに、ボトル売りのワインも、在庫を抱えないように、工夫していかないといけませんしね。

そんなわけで、この無料ワインバウチャー配布をしてくれているスタッフたちの努力が功を奏し、
次第にディナータイムのお客様は増えてきています。
そして、リピートしてくれる方も増えてきています。
あとは、問題はランチタイム。
ランチタイムにビラをもらって、「中を見せて」という見学者は非常に多いのです。
でも、みなさん「ディナーにくる」と言って帰ってしまいます。
確かに、ランチの気軽さはあまりないので、間違えなくディナー向きの店ではあります。
でも、もっとビジネスランチのお客様が増えてくれるといいな。と思って、
今は、Newmarketの弁護士事務所や、不動産屋をリストアップし、
オフィスに直接、ビラを配りに行ってもらっています。

今は種を植える時期。
と思い、地道に行くしかありませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA