クライストチャーチ地震1周年追悼イベント”Pray for Christchurch”


昨日は、TATSUMI で、クライストチャーチ地震1周年追悼イベント
「Pray for Christchurch」が行われました。
50人ほどの方々にお集まりいただき、
最初はどうなることかと思っていましたが、無事に終了することができて、
本当によかったと思います。

飾りつけも終了し、開会の挨拶の練習をしていたところに、
1組目のお客様がいらっしゃいました。
やはり日本人は時間に正確ですね。
あれよあれよという間に、次々とお客様が来店され、
ビデオ上映の7pmには、もうほとんどの方がお揃いになっていました。

ビデオは、Hayleyの「Amaging Grace」でスタートしました。
みなさんの注目がスクリーンに集まり、歌が終わったところで、
一応私の挨拶です。
日本人の参加者も多かったですが、ニュージーランド人や中国人の方もいらっしゃいましたので、
もちろん英語でスピーチをしなくてはなりません。
暗記する余裕はありませんでしたので、読ませていただきましたが、
読んでいる途中で、というよりも、かなりもう最初の2行くらいでグッときてしまい、
恥ずかしながら、涙声で最後までスピーチをするという、涙のステージとなってしまいました。

“Thank you for gathering here tonight.
We are very pleased to have you here tonight, our fellow Canterburians.
When we relocated TATSUMI here in Auckland last October,
we decided to hold this event to commemorate the one year anniversary of the Christchurch earthquake.
We all shared the pain and heartbreak of leaving Christchurch behind, and struggle of relocating to Auckland.
I thought it is important we share our feeling together.
And I appreciated that you all come here tonight.
Like you, we are doing our best to make new life in Auckland.
Now, We will show film of Christchurch memorial service held in last March.
It is important for us to remember, we did not give up Christchurch.
Yes, we all stepped forward as we needed to.
But we will never forget Christchurch, as we are all Canterburians at heart.
Let’s keep the spirit of Christchurch alive here in Auckland.”

そのあと、昨年ハグレーパークで行われた追悼イベントの時に使われた、
クルセイダーズのテーマで綴られたビデオを流し、
最後に、「Say good-bye 2011, keep Steping forward 2012」という
クライストチャーチが少しずつ復興していく様子を映したビデオを流しました。

悲しい映像を見ても涙が出るけれど、
このように「前に進んでいる」映像を見ても涙がでます。
会場は、涙に包まれました。

ビデオのあと、オークランド総領事館の副領事、伊藤様に、追悼のご挨拶をお願いしました。
伊藤様の掛け声で、クライストチャーチと、日本の震災両方の犠牲者に対し、黙祷が行われました。

あとはもう、食事を楽しんでいただく時間だったのですが、
お客様の中で、マイクを借りて挨拶をさせて欲しい。という方が飛び入りでマイクを持ち、
マオリ語の歌を披露してくださいました。
かなり声量のある方で、「マイクなくてもいいんじゃないの。。。」と思いましたが、
会を盛り上げていただき、感謝しています。

さて、懇談会ですが、お客様同士が知り合いの方も多く、
もちろん、私が知っている方も多く、
あっという間に21時になってしまいました。

料理も、次から次へとなくなっていき、
どんどん追加しても、追加したはしからなくなっていき、
みなさんから「どれを食べてもおいしくてびっくりした」という声をたくさんいただきました。
満足してもらえて本当によかったです。

やはり、地震の後に、クライストチャーチからオークランドにきた
カメラマンの方が参加されていて、写真をたくさん撮ってくださいました。
また、のちのちUPしたいと思います。

さて、今回のイベントは、元カンタベリアンの人たちの集まりということで、
できるだけ、カンタベリーカラーの赤と黒の服でお越しいただけるようにお願いしていました。
日本人の方は赤い服、ニュージーランド人の方は帽子やマフラーなど、赤い小物の方が多かったです。
みなさん、ご協力ありがとうございました。

さて、料理ですが、まず、これは小鉢コーナー。っていっても、今回は大鉢ですが。。。
れんこんの金平
白身魚の南蛮漬け
湯葉とセロリの和え物

こちら、巻き寿司コーナー

こちら、前菜コーナー
牛タタキ
まぐろタタキ
あと、写真には写っていませんが、
牡蠣の天ぷら
揚げ出し豆腐
ばんばんじーの生春巻き
タイのタルタルのカナッペがありました。

続いて、メインディッシュが、
照り焼きサーモン
照り焼きチキン
ソフトシェルクラブの天ぷら
から揚げ
と続くのですが、みなさんとお話しするのに忙しくて、写真を撮るのを忘れてしまいました。

最後のデザートは、杏仁豆腐。
柚子梅酒のシロップの上は赤ワインで染めてあります。

こんな感じで、料理を一通り紹介させていただきました。

お客様がみなさんお帰りになったあと、
片づけが大変でした!
まずは、100個の風船を回収し、一箇所に集めて、バンバン割っていきました。
まるで銃撃戦のようでしたよ。
風船や写真を壁に飾っていたので、それをはがした後の壁の掃除、
外席もデコレーションしていましたので、それも回収。
あとは、椅子とテーブルのレイアウトを元通りにして、大変な作業となりました。
バーの冷蔵庫の中身も、パーティ用になっていたので、元通りにして、
掃除は、翌朝の早番に託しました。

いつもはたいして忙しくもないのに、
貸切の日に限って予約の電話や、来店客があり、
けっこうお断りすることになってしまいました。
もったいない。。。

でも、今回、50名の立食をしたことで、
「あ、うちって、立食パーティもできるんだ」ってことが判明。
次への自信にもつながりました。

来店してくださったみなさんも、お帰りになるとき、
「今日はありがとうございました」と声をかけてくださり、とても嬉しかったです。
大変だったけど、やってよかった。

今日からはまた通常営業ですが、
みなさんからの励ましを力に、また精進したいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA