泥棒に入られた!(本当に)


今朝は、早番スタッフからの電話で起こされました。

「ようこさん?なんか事務所がぐちゃぐちゃなんですけど。。。」

もう、一発で目が覚めました。
泥棒ですよ!泥棒に違いありません。

でも、私もダンナも慌てず騒がす、いつも通りに出勤です。
だって、慌てて警察に電話したって、今までなんにもしてもらったことがない。
それより、これからランチタイムなので、
ランチタイムが終わってから、どうするか考えようと思いました。

事務所が荒らされても、盗まれるものなんてなんにもないんですよ。
強いて言えば、金庫くらい。
でも、金庫持ってくって相当ですよ。
小さいけど、冷蔵庫くらい重いですからね。
もし金庫が無事なら、他のものはそれほど大したものを置いていません。
でも、泥棒にはいって、金庫置いてく人いませんよね。

出勤してみると、案の定。
金庫持って行かれてました。

しかも、被害は金庫だけ。
そもそもが、荒らされたのが事務所だけだったので、
レストランには足を踏み入れていないようで、
レジもそのまま無事でした。

さて、侵入経路ですが、
うちの店の裏口から入ってきたようです。
チェーンが壊されていました。
でも、チェーンが壊されているってことは、ドアは?
ドアが開いて初めてチェーンがあるわけで。

うちの店のドア、鍵をかけても、ドアがしっかりしまってないと開いちゃうんですよ。
だから、多分、昨日も、鍵をかけてチェーンもかけていたけれど、
きっとドアが完全に「カチン」というまで閉まってなかったんでしょうね。

それにしても、ここはビルの中なんですよ。
なので、ビルの裏口が閉まってたら、ここまで来れないんです。
ビルの裏口は、私たちが閉めるわけではないんですが、
そこのドアも、うちの店のドアと同じように、
しっかり閉めないと、鍵をかけていても開いてしまうんです。
だから、もしかして、ビルの裏口のドアも外から開く状態になっていて、
しかも、うちの店のドアも外から開く状態になっていて、
この2つの不運が重なった日に、たまたま泥棒が来た。

なんて、こんなこんな出来過ぎた不運ってあります???

金庫の中には、実は、大金が入ってました。
大金の単位は人によって違うと思いますが、私にとっては大金でした。
全財産といっても過言ではありません。

というのも、昨年の母の誕生日に、日本に電話をかけたとき、
「全然儲からなくて、旅行どころか、休みも取れなくて、でも貯金がまったくない」
と言う話をしたのです。
そしたら、母から、ある提案をもらいました。

うちの両親は2年後に結婚50周年なんです。
そして、私たちは、2年後に結婚10周年。
それで、一緒にハワイに行こう!というお誘いだったのです。
そのために、お金を貯めよう!って。

母は、そのために、毎月1万円貯金しているんだそうです。
だから、私にも、毎月$100、一緒に貯金しよう!って。
でも、毎月$100で2年間では$2400にしかならず、
二人分のチケット代すら出ません。
なので、私は、その日から、毎週$100の「タンス貯金」を始めたのです。
どんなに苦しくても、$100貯金する。

そして、それを「タンス」ではなくて「金庫」に入れていました。

日本だったら、給与天引きとかあるかもしれないけど、
ここはNZですから、自分でやるしかありません。

苦しい時に何度も手をつけそうになりましたが、
それでも、「このお金だけは、母との約束」と、
手を出さずに頑張ってきたのです。

お店の売上を持って行かれるのも悔しいですが、
私がコツコツと貯めてきたタンス貯金を持って行かれたのが、
もう「悔しい」という言葉では表現できません。

というわけで、今日は、もう超へこんでます。
幸い、今日は金曜日だったので、
昼も夜も忙しくて、忙しくしているときが気が紛れてよかったです。

実は、クライストチャーチの時も、
2回泥棒にはいられたことがあるのです。
なんで、「泥棒」自体には、もう慣れました。
なんとも思わないとは言いませんが、車をちょっとぶつけちゃったくらいの感覚です。

そして学んだのです。
どんなに悔しくても、悲しくても、怒っても、
盗まれたものは絶対に帰ってこないのです。
ただでも、大切なものや、お金を盗まれて腹立たしいのに、
この気持ちを引きずりつづけるなんて、もっと悔しいと思いませんか?
被害者なのに、加害者のせいで苦しい思いをし続けるなんて、不条理すぎます。
なので、忘れるしかないのです。
なかったことにしたほうが、平穏な気持ちになれるのです。

このことを、母になんと報告しようかと思うと、そのことだけが胸が痛みます。
盗まれた1年分の貯蓄をカバーできるように、
来週からは週$200貯金する気持ちで頑張るしかないですよね!
できるかできないかは別にして、
このままやめてしまうなんて、それもまた悔しすぎます。

さて、気を取り直して、明日からまた頑張ります!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA