新しい朝ドラが始まった!


毎日楽しみにしている「NHKの朝ドラ」
やっぱり、好みってあると思うんだけど、
私はここ最近では「あまちゃん」が好きだったよ。
紅白なんて、感動したね。もう永久保存版。

そして、そのあと、「ごちそうさん」「花子とアン」と、
視聴率が大分良かったみたいだけど、
残念ながら、私はヒロインが好きになれなかった。
だけど見続けたのは、他に魅力的な役者さんたちがいたから。
特に「花子とアン」では、村岡兄弟が素敵過ぎました。
花子と結婚してからは、ただの優しいだんな様になっちゃったけど、
結婚前は、若いのに紳士である二人の振る舞いに首ったけでしたよ。

そもそも、「花子とアン」と言いながら、「アン」は本当に最後の最後まで出てこず、
「赤毛のアン」を出版して終わり。という物語でしたので、
あのストーリーであれば、「W主演」にして、
「花子と蓮子」というタイトルにしたほうが良かったんじゃないかと思うくらい。
蓮子さまと加納さまの二人の演技には鬼気迫るものがあり、
花子のシーンになると、急に学芸会のようになってしまうその落差。
まあ、それで、NHKも、今年の紅白歌合戦の司会を、
蓮子さまを演じた仲間由紀恵にオファーしたんでしょうね。

さて、そんな朝ドラも終わり、新しい朝ドラ「マッサン」が始まりました!
初めての外国人ヒロインとうことでも話題でしたが、
私はなにしろ、大好きな玉山鉄二が主演ってことで、
こりゃもう、超楽しみ!

「八重の桜」での玉山鉄二は、もうかっこよすぎました。
もちろん、西島秀俊も、長谷川博己もかっこよかったよ。
毎週目の保養。

昔は、顔の綺麗な若者でしたが、
歳を重ね、そりゃあもう男の魅力が増してきて、
ちょっと長髪気味で無精ひげをはやすその姿は、
まさに「かっこよすぎ」

相手役のシャーロットさんが決まった時の記者会見も、
オールバックで大人の雰囲気を醸し出していました。

ところが!
「マッサン」の予告を見てびっくり!
あの、かっこよすぎる玉山鉄二は一体どこへ???
まあ、時代ってのもあるんでしょうが、あの髪型。。。
なんか、え?うそ?えーーー。っていう残念ぶり。

これから、ドラマの中で歳を重ねて、かっこよくなっていく様を見たいものですが、
まあ、内容的に、「見た目のかっこよさ」なんてどうでもよいドラマですから、
主人公そのものの人柄や夫婦愛などを描くために、
反対に、かっこよさを隠しているのかもしれませんよね。

それにしても、最初の1週間くらいはスコットランドでの修行の様子や、
エリーとの出会い、プロポーズなどを描くと思っていたので、
いきなり第一話から日本でびっくりしました。
だってきっと、この時代に国際結婚して日本に渡ってくるってすごいことですよね?
それがすでにドラマチック。
この部分は、おいおい過去に遡って描くのでしょうか?
二人の信頼関係を描くには、出会いの部分って大事だと思うので。

まあとにかく、これから大阪へ行ったら堤真一が登場するみたいなんで、
それもまた楽しみ。
とにかく、予告を見ていても、楽しそうなんで、
これからエリーがいじめられたり、認めてもらえなくてつらい思いをたくさんすると思いますが、
暖かく見守って行きたいと思っています!

なにしろ、エリー役のシャーロットさんは、
家族をアメリカにおいて一人で日本にやってきて、
日本語もできないのに日本語で演技をするなんていう、
とても大変なことをやってのけてます。
ほんと、尊敬。

玉山鉄二の英語も、前作の「花子とアン」の花子よりも感情こもってていいよ。
花子は、英語が流暢な役のはずなのに、
英語のセリフを覚えるだけが精いっぱいだったようで、
完全に棒読みでしたからね。
まるで朗読みたいでした。

日本語ができないのに日本語のセリフ、
英語ができないのに英語のセリフ、
本当に大変と思いますが、
ここがしっかりできていないとドラマが作り物っぽくなってしまうので、
是非是非二人には、これからも頑張ってほしいです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA