今更ながら2015年を振り返り、2016年の抱負


年末年始の日本滞在期がやっと終了し、
通常のNZ生活に戻ってきましたので、
今更ながら2015年を振り返ってみようと思いました。

とにかく、2015年は、目標としてきたことを次々と実現できた、
本当に充実した一年になったと思います。

2011年クライストチャーチでの震災に遭い、
オークランドで再起を図ったものの、
鳴かず飛ばずどころか、倒産の危機にまで陥った3年間。
同じ国だというのに、クライストチャーチとオークランドがこんなにも違うのかということを、
身に染みて実感すると共に、戦い続けた3年間でありました。
まさに、2011年~2014年は、「苦悩と絶望」という言葉がふさわしかったと思います。
そして迎えた2015年。
「石の上にも3年」という日本の昔からの諺を信じて来てよかった。

4年目にしてやっと店の経営が軌道にのりました。
とはいえ、過去3年間の赤字がほんの1年で回収できるはずもなく、
まだまだではありますが、
このままお客様に見捨てられることなく続けていければ、
なんとかやっていける未来が見えてきました。
いつも支えてくれているお客様と、
一緒に頑張ってくれているスタッフには、感謝の気持ちで一杯です。

クライストチャーチで上手くいっていたビジネスが、
オークランドで同じスタートラインにまで戻れるのに5年かかったということです。
39歳~43歳という、もっとも脂の乗った時期に失ってしまったこの5年間は、
私たちの人生にとって、本当に大きな痛手と損失でした。
もし、クライストチャーチの地震がなければ、失う必要のなかった5年間です。
だけど、この5年間で、経営者としても、人間的にも、成長できたということも実感しています。
やはり、人間は、苦境に立たされてこそ、成長できるのだ。と。

そして、オークランドに来てからずっと実現したかっとこと。

1、「定休日を作る」

家賃という莫大な固定費を考えると、
一日でも多く営業したい。
それが本音です。
NZは、祝日が年に10日しかありませんから、
一年365日もあるのに、休みは年に10日だけ。
これでずっとやってきました。
週に1日でも休めたら、もっと休養をとることができるし、
自分の時間を持つこともできる。
そう思い続けて、やっと念願かなって、週1日、毎週日曜日を定休日にすることができました。
営業日数が減るということは、
その分他の曜日で売上をカバーしなくてはいけません。
これはとても大きな決断でしたが、
結果、この1日のお休みのお陰で、
新しいメニューを考えたり、他のお店へ行って研究したり、
日帰りでも遠出ができたり、
有意義な時間を持つことができるようになりました。

2、「オークランドのスタッフをクライストチャーチに連れて行きたい」

これは、去年の9月に実現できました。
やはり、TATSUMIの原点であるクライストチャーチを見て欲しい、
そして、同じ大震災という災害に遭った日本人として、
クライストチャーチの震災復興の様子を見て欲しい。
これは、オークランドにきてからずっと思っていたことでした。
正直、オークランドの人たちは、クライストチャーチの地震のことを忘れてしまっている人があまりにも多い。
なので、社員でもアルバイトでも関係なく、このNZという国に関わっている以上、
是非一度、クライストチャーチを見てほしかった。
そして、私たちが大好きだったクライストチャーチが、
どれだけ素敵な街なのか、見て欲しかった。

3、「日本への里帰り」

これは、スタッフ全員連れてクライストチャーチへ社員旅行へ行くことに比べたら
10倍以上もの費用がかかること。
実現は、夢のまた夢。でした。
が、今年はカレンダーが、年末年始に休みを取るのにちょうど良い感じだったんです。
こりゃ、無理してでも帰るしかない。
お金が一気に出て行くのを防ぐため、
航空券購入、JRパスの購入、日本へ持っていくお金の換金、など、
時期をずらして購入したり、
日本滞在中にかかる費用は、もうすべてクレジットカードにして、
その支払いは、2016年にNZに戻ってきてから。
という風に、調整をしました。
それでもかなり無理があったので、国内旅行はあきらめ、
滞在は、お互いの実家のみ。
結果としては、体調を崩し、ほぼどこにも行けずに過ごす羽目になってしまったのですが、
それでも、地震以来の約4年半ぶりの帰国は、とても意義のあるものとなりました。
今後の身の振り方についても、たくさん考える機会がありました。

あ、そうそう。
目標として掲げていたわけではないけれど、
2015年に良かったことは、「人との出会いと再会」

ブログを通して、オークランドでたくさんの方たちとの出会いがありました。
そして、広島県人会や、72会など、
仕事と家の往復をしているだけでは出会えなかった方たちと出会える機会をいただきました。

あとは、フェイスブック。
25年ぶりに高校の同級生たちと再会できたり、
古巣のホテルの仲間たちとの再会は、
懐かしいだけではなく、「もっと頑張らなくちゃ」という勇気を与えてくれました。

目標として掲げていたことを実現できた2015年。
でも、ここはスタートライン。
5年前に立っていたところにやっともう一度立てただけ。

では、2016年の目標は?

まずは、お店が軌道に乗っていることが大前提。
今回強く感じたことは、
2015年に叶った目標3つのすべてが、
お店が軌道に乗ってなければ叶わなかったこと。
なので、目標って、お店がうまく行っていてこそなんですよね。

だから、一番は、
「今年もお店を手を抜かずに一生懸命頑張ること」

そして、今年の目標は。。。「今後の計画を立てる」
今までは、走り続けて来ただけ。
目の前のことしか見る余裕がなかったし、
短期的計画しか立てられなかった。
でも、今年は、ここで一度立ち止まり、「長期的計画」を立てたい。
向こう3年くらいの計画。
まずは、3年後の目標を立てることから。
「3年後にはこうありたい」という目標目指して、
それまでの3年間をどうするか、という計画を立てる年にしたいと思っています。

もう、今後の身の振り方を考えなければいけない歳だと思うんです。

人生最初の転機は、NZに来たこと。(29歳)
次の転機は、TATSUMIを始めたこと。(35歳)
その次の転機は、自ら望んだわけではありませんが、
震災でオークランドに来たこと。(39歳)

次は、東京オリンピックの頃を目指して、転機にしたいと思っています。
そのための計画を立てる。

今のままじゃだめなの?

って思う自分もいるんですが、
私は多分、常に何かを目指していたいんです。

というわけで、公私共に充実した2016年にしたいと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA