新しい家に引っ越したら「やりたいこと」のリストの筆頭に入っていた、
「猫を飼う」という目標。
クィーンズタウンに来てから、ずっと「Queenstown Cat Resque」というサイトをチェックしていました。
Queenstown Cat Resqueとは、SPCAのようなところで、
保護猫とかを、必要経費のみで譲ってくれるんです。
今回見つけた子は、生後12週間の姉妹で、2匹一緒にもらってくれる人というのが条件だったのですが、
うちは留守がちなので、2匹一緒に遊んでてくれる方が助かると思い、
「引き取らせてほしい」と連絡しました。
引き取り金額は、一匹$130で、ワクチン、マイクロチップ、去勢手術の必要経費です。
クィーンズタウンはペットショップ自体が存在しないので、
多分、みんなこうやって猫を手に入れるか、他の都市まで買いに行くかしているんでしょうね。

私は、猫を飼うのは初めてですが、日本ではフェレットを飼っていましたし、
ダンナも犬を飼っていましたので、ペットを飼うこと自体は初めてではありません。
でも、待望の猫ちゃんを家族に迎えるということで、
楽しみで仕方がありませんでした。

そしてやってきた2匹は、本当にもう可愛くって、仕事に行きたくなくなります。
一匹はちょっとベンガルっぽい柄の入ったグレーと茶の入り混じった猫ちゃん。
もう一匹は、黒ベースに茶の毛が入り混じった猫ちゃん。
二匹とも、甘えん坊で、やんちゃで、元気に家の中を走り回っています。

(わたし似と評判)
(ダンナ似と評判)

キャットタワーだけでは飽き足らず、
カゴを上っては鏡台の上を練り歩く二人。

うちのぬいぐるみ達とも仲良しです。

一日数回じゃれ合いが過ぎて取っ組み合いをしていますが、
基本的には超仲良しで、キャットタワーの最上段で二人仲良く寝ています。

二人でぺろぺろ舐め合ってます。

私の方が世話をしていると思うんですが、
ダンナのことが大好きのようで、
TVを見てたら寄ってきて、そのままくつろいで寝てしまいます。

朝なんて、5時くらいからベッドに飛び乗ってきて、
ダンナの顔を舐め始めます。
二人とも別のところで寝ているんですが、朝はベッドに上がってきて、
私たちの枕元で一緒に寝はじめるのです。
布団には入ってこないんですが、人のそばが好きなんでしょうか。

ただ、一緒に寝るだけならいいんですが、
布団から出ているのが顔だけだからか、顔をめちゃくちゃ攻撃してくるんです。
遊んでほしくて、のどをゴロゴロならして、すり寄ってきたり顔を舐めたり、
顔の上に座る勢いで攻めてくるので、もう寝てられません。
ちょっと対策を考えなくては、寝不足になります。。。
多分、人にくっついていたいんでしょうね。

おトイレもすぐに覚えてくれて、いまのところ良い子です。

名前は、ダンナ似と言われる黒い方が「ジジ」、
わたし似と言われるシマの方が「茶々」です。

完全にバカ親になりつつありますが、
これからも、子猫ちゃんのうちに写真をたくさん撮って行きたいと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA