広島と言えば、お好み焼きと牡蠣が有名ですが、実は、隠れたご当地グルメ「ウニクレソン」をご存知でしょうか?
広島の鉄板焼き店「中ちゃん」というお店が発祥なんですけど、広島出身のダンナから「ウニクレソン」の話は嫌という程聞かされていました。

ウニクレソンとは、バターでクレソンを炒めて、ウニを投入、そして醤油をサッとかけて味付けするという単純なメニューなのですが、これが、本当に美味しいらしいのです。中ちゃんに行くと、あの、木箱に入ったウニが山積みされているくらいの人気メニューだそうです。

で、昨日、ダンナが「どうしてもウニクレソンが食べたくなった」と言って、ウニとクレソンを買ってきました。
そして、食べたこともないのに、作ってみました!

まず、クレソン。この倍の量投入。
次に、NZ産ウニ
使いかけでちょっと見にくいですが、美味しい高級バター

必要な食材3種を揃え、いざフライパンへ投入!

炒めたクレソンにウニを投入

ウニは炒めすぎると溶けてしまうので、ウニが冷たくない程度にサッと混ぜて、醤油で味を整えて出来上がり。

これは、ちょっと炒めすぎた感が。。。
かろうじてウニの形が残っています。
これを、ごはんに載せていただきます!!!

私、初めてのウニクレソンでしたが、いやー、びっくりするくらい美味しかったですよ。本当に濃厚で。溶けたウニが、濃厚玉子かけごはん的な。
クレソンではなくて、ほうれん草でも代用できるそうなんですが、実際クレソンでいただくと、やっぱりこれはクレソンの方が絶対に美味しい!
日本にいた時は、クレソンなんてローストビーフの上に飾りで載せるくらいしか使うイメージはなかったんですが、実は、クレソンは、スープに入れても炒めても美味しい、優秀な食材なのです。

ちなみに、広島の「中ちゃん」で、ウニクレソンは一皿1,500円くらいで食べられるそうです。しかもバケット付。まさかのご飯ではなくて、バケットで食べるんですねー。でも、この溶けたウニは、確かにバケットで全部綺麗に食べたい!

そして、今回、我が家のウニクレソンのお値段は。。。
ウニ$27、クレソン$16 その他バターとライスの値段はさておいても、仕入れ原価$43!店で出したら一皿$100はいただかないといけませんね。なんて高級。。。。
家でもそうそう食べられるものではありませんね。

美味しかったですが、シンプルなのに贅沢すぎる、「非現実」な一品のご紹介でした!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA