さて、コロナウィルスの影響で、中国からのツアーが全面禁止になったけど、それほど影響なかったよ。って話を前回書きましたが、今度は、ツアーだけではなく、中国からの渡航者が全面入国禁止となりました!

これは、ニュージーランド政府が発表したもので、2月2日から始まります。
NZ永住権保持者とその家族は例外となりますが、中国からの旅行者のみならず、中国へ帰省していた学生さんとか、海外旅行に行っていて中国の空港経由で帰国する人までもが含まれます。「経由便も?」とかなり厳しいような気もしますが、本気でコロナウィルスがNZへ持ち込まれることを阻止しようという気概が感じられます。

コロナウィルスではありませんが、昨今日本で問題になっている「ヒアリ(火蟻)」も、一度上陸してしまうと除去は困難と言われていますが、NZは、ヒアリを「根絶」した唯一の国でもあるのです。
島国で、NZ固有の動植物がたくさんいますから、それらを守るために厳しいルールを作り、ヒアリを根絶したのです。

こういうのは、政府の早い決断と、徹底したルール作りが大切ですよね。
今回も、日本の水際対策の甘さが取り上げられていますが、ニュージーランドにコロナウィルスが上陸しないことを願います。

というわけで、現在ニュージーランドにいる中国人は、住んでいる中国人と、2月2日よりも前に入国した中国人と、オーストラリアなど、他の国に住んでいる中国人だけになります。
この前まで、英語がまったく通じない中国人のお客様がたくさん来店していましたが、あと数日で、きっといなくなってしまうのでしょうね。
ただ、とりあえずは「2週間」という期間が設けられていて、あとは二日ごとに見直しがされるようです。

日本も、世界で2番目に感染者が多い国となってしまいました。
死者ださずに、早く収束することを願います。

そして、話は全然変わりますが、クィーンズタウンの街中に位置する「O’Connells Shopping Centre 」。
長年、クィーンズタウンの街を見守り続けてきましたが、老朽化に伴い、この度取り壊されて、建て直されることとなりました。どうも2年くらいかかる計画らしいですが、 O’Connells Shopping Centre は巽の目の前。
お客さんを共有しているわけでもなく、客足の流れに特に影響があるとは思いませんが、目の前の大きな建物が2年も工事中になるってのは、どんな感じですかね。
現在入っているテナントさんは、数か月前からCloseing Down Sale をやっていて、とうとう、先週末で全部出て行ってしまいました。寂しいですねー。

看板のすぐ左隣のガラスが抜けているの分かりますか?
これ、先月、突然落ちて来て割れたんですよ。下を歩いていた歩行者がケガをしました。これと同じ事件が、実は数か月前にも。。。。
安全面を考えても、建て直すべきだったのでしょうね。

2年後、きっとカッコいいショッピングセンターに生まれ変わることを期待しています!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA