クィーンズタウンにないものは色々ありますが、その中の一つ、気軽に立ち寄れる「ヌードルショップ」。
オークランドでは、小さな中国麺の店がたくさんあって、それこそ週に一度はどこかのヌードルショップに通っていました。まあ、中国人がほとんど住んでないクィーンズタウンですから、そういった店の需要がないのは分かる。クィーンウズタウンには、中国からの観光客を受け入れるための大型高級中華料理店しかないのです。

で、そんなクィーンズタウンに、突如として現れたヌードルショップがこちら。
「金味徳 蘭州牛肉麺 (クィーンズタウン)」←ってことはオークランドにも店があるのか?

オークランドだったら、なんの変哲もないヌードルショップですが、クィーンズタウンでは第一号店です。
というわけで、早速行ってきました!

まず、「蘭州牛肉麺」というのは、どんなヌードルかと言うと、牛肉のスープに、手打ち麺を入れて茹でたヌードルのことです。

で、実際のメニューはというと、麺が数種類と、小皿冷菜というシンプルなもので、「一品料理」といった感じのものはありません。
でも、私が、何が嬉しかったかって、私が大好きな「中国小菜」の種類が豊富なのです!しかも一皿$2.99!!
「安すぎるだろ」と思いましたが、実物を見て納得、本当に小皿。
でも、このぐらい小さい方が、いろいろ食べられて嬉しい!

私が好きな中華小菜3種類、全部ある!これは奇跡です。
左から、西芹(セロリ)花生(煮ピーナッツ)蒜泥黄瓜(キュウリ)。
その他にも、海帯絲(コブの細切り)涼拌木耳(キクラゲ)泡白菜(白菜の漬物)など、盛りだくさん!私、このためだけに通える。

そして、肝心のヌードルですが、こんな感じ。

見本の写真よりも、大分辛くなさそうですが、何故なら、注文の時「辣、不辣」と選べて、「不辣」にしておいて、テーブルにある調味料で、自分で好みの殻さにできるのです。というわけで、こちらの写真は「蘭州牛肉麺」の「不辣」です。

私は、炸醤麺(ジャージャーメン)を注文。
こちらも、「辣と不辣」を選べます。私も不辣にして、自分でスパイスを加えることに。

これ、かなり肉味噌の量が多いぞ。麺の量も、蘭州牛肉麺よりも大分多いと思います。この味噌の量なら、もやしとキュウリ増量したいですね。

注文をして席で待っていると、シェフが麺を打ち始めます。

味は、まあなかなか悪くない。お肉も柔らかくて美味しかったし。
もちろん、オークランドで行きつけだった、タカプナの担々麺屋さんには劣りますが、今まで一店舗もなかったヌードルショップですから、このレベルで十分です。なにせ、私には小菜がある。
ちなみに、餃子はイマイチだったので、次回はもう注文しないと思います。

でも、驚きのお値段ですが、一杯$17もするんですよ!
まあ、オークランドのラーメン屋だと思えば、そんなもんですが、チャイニーズヌードルショップだと思うと、激高いですねー。
ま、クィーンズタウンプライスでしょうか。。。
ランチで二人で$70越えしてしまいました。

まあでも、プラッと行ける店が出来て良かった!
ひとつ残念なのは21時半閉店ってこと。もし23時半までやっててくれたら、仕事の後に行けるのに。。。

というわけで、新しいヌードルショップレポでした!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA