クィーンズタウンには、保護猫のボランティア団体が二つあるのですが、ひとつは「Queenstown Cat Rescue」もうひとつは「QT Cat」。
両方とも、トラップを仕掛けて野良猫を捕まえては、去勢手術とワクチン摂取を行い、引き取り手を探す団体です。生まれたての子猫を保護することも多く、その場合は、12週目まではミルクボランティアにお世話をしてもらって、そのあとに引き取り手を探すという流れで、一番子猫でも、12週たつまでは、引き取ることができません。そして、引き取り手は、去勢手術とワクチン摂取の費用である$160を支払って、子猫を貰い受けることができます。

これって、ものすごく良いシステムだと思いませんか?
トラップを仕掛けて、片っ端から猫を捕まえて、去勢とワクチンをして、もらい主を探すことによって、野良猫の繁殖を抑えることもできるし、去勢手術をすることによって、もらわれて行った後も、猫の数そのものを増やさずに済みます。それでも、毎週10匹以上の猫が保護されていて、常にボランティアを探しています。保護してから、引き取り手が見つかるまでの間にお世話をしてくれる家庭が足りないのです。
私は、リタイヤしたら、絶対にこのボランティアをしたいと思っています。

さて、その団体のうちの1つ「Queenstown Cat Rescue」が、今日、猫ちゃんの譲渡会をするというので行ってきました。
通常は、SNSで引き取り手を探している猫の情報があがってきて、気に入った猫がいれば見に行って、引き取る。という流れなのですが、あまりの猫の多さに、「譲渡会」を開催することにしたようです。
ちなみに、我が家のジジ、茶々、虎丸の3匹も、すべて、このQueenstown Cat Rescue のSNSで見つけて我が家に迎え入れた子たちです。

今回は、いつも虎丸にいじめられているジジのお友達になってくれるような、可愛い女の子を探しに行きました。

一応、今回欲しい子の条件としては「女の子」「虎丸とは違う柄」「おとなしい」という3点。クィーンズタウンは、虎丸と同じ柄の子がとても多いので、茶トラか、八割れが希望でした。

この二匹は、まさに茶トラと八割れだったので、「いいなぁ」と思ったのですが、二人とも男の子。確かに凛々しいお顔をしています。

うしろの右の子が女の子で、お顔もとっても可愛かったのですが、虎丸と同じ柄なので、ちょっと保留。少し茶色っぽいのもいい感じ。

こちらは、右二匹が完全にデブ猫となってしまった成猫。この檻に近寄る人が少なくて、かわいそうで、「おじさんと猫」の「ふくまる」を思い出してしまいました。

手前の二匹は子猫ですが、虎丸と同じ柄で、しかも男の子。

この、手前の子がめっちゃ可愛くて、柄は虎丸と同じだけど、手足が白くてソックスを履いているので、「この子なら。。。」と思ったのですが、残念ながら男の子。

この檻は、奥にいる虎丸と同じ柄の子だけが女の子で、あとはみんな男の子。可愛いんだけどなー。
っていうか、どのケージにも、エサに生肉が置いてあって驚いた。我が家はキャットフードしかあげたことありません。

そして、この子!超可愛くないですか?しかも、なんか、野良猫とは思えない美しさ。もう成猫だけど、とってもおとなしくて、もし我が家に先住猫がいなくて「一匹だけ欲しい」と思っていたら、成猫でも、迷わずこの子をもらっただろうな。この子は野良猫というよりも、もしかしたら、元飼い猫なのではないかと思います。

会場は大盛況で、とても混み合っていました。小さい子供連れの家族が多かったです。どうかみんな、素敵な家族に貰われてくれますように。
今回、わたしたちは、猫を引き取ることは見送りました。もちろん、「この中から一匹」というならば、欲しい子はいましたが、「絶対この子が欲しい!」という子に出会えるまで、待ってみることにしたのです。
毎週10匹ずつくらい増えていく保護猫。わたしたちの新しい家族になる猫ちゃんに出会えることを楽しみにしています!

そして、もう1つのボランティア団体「QT Cat」は、毎週土曜日に、資金集めのためにソーセージサンドの販売をしているんです。
ダンナはプールの帰りに、欠かさずに立ち寄って、$2.5のソーセージサンドに$20渡して、お釣りは寄付しています。
今日も、土曜日なので、ソーセージサンドを買いに立ち寄りました。

午前中は「Queenstown Cat Rescue」の譲渡会、午後は「QT Cat」のソーセージサンドと、猫関係の支援はできるだけしたいと思っている私たち。
たくさんの猫ちゃんたちのために自分の時間を費やしてくれているボランティアの方々には、本当に頭が下がる思いです。これからも、猫ちゃんたちの幸せのために、できるだけ応援していきたいと思っています!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+5

2件のコメント

  1. ふくまる!!あの漫画、ステキですよねー。
    旦那さん、偉すぎです!
    私は猫の預かりボランティアやるために、スペアルームがある家に引っ越しました。
    もう初めて6年になります。
    猫が飼えないので、そのぶん、毎月いろいろな猫ちゃんにお薬あげたりお世話して満足しています。
    お金があったら猫ハウス建てたいですけどね。。。笑

    私は預かる時にあえてアダルト猫を指名しています。きちんと躾もされている子が多いし、平日は働いてるので長時間家を空けても大丈夫だからです。

    猫はいろんな性格の子がいて楽しいです。
    ジジにぴったりの猫ちゃん、見つかるといいですね〜

    0
    1. 猫好きさん。
      コメントありがとうございます。
      猫預かりのボランティアをするためにスペアルームのある家に引っ越しされたのですね。
      我が家も、2部屋空き部屋がありますし、キャットタワー類も豊富にありますので、あと3匹くらいはお世話できそうではあるのですが、
      今いる二匹にすら空いている時間のほぼすべてを費やしている始末。これ以上増えたら、平等に愛情を注げるのか心配です。
      確かに、アダルト猫なら、手もかからなそうですね。でも、先住猫ちゃんたちと仲良くできるか心配で、
      仔猫から面倒したほうがいいのかなぁ。なんて考えてます。
      特に、ジジと虎丸は性格がまるで違うので、ふたりと上手くやって行ける可愛い子が、早く見つかればいいなぁって思ってます!

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA