さて、昨日は新年はじめての営業日!
スタッフみんなで「あけましておめでとうございます」と言って仕事開始。
でもNZの正月って、夏だし、ほんと、全然正月っぽくないんですよね。
家ではお雑煮食べて、紅白見て、正月特番見て、正月っぽい雰囲気なんですが、仕事が始まったらもう、全然正月気分ではありません。

で、新年の営業はどうだったかっていうと、去年のうちから、1月3日の予約は満席だったので、忙しい事はわかっていたのですが、やっぱり忙しかったです(笑)昨年末で退社したスタッフが1名いたので、人数も一人少ないですしね。
それで、1月4日から、突然予約が全然なくなるっていう、極端な感じだったのですが、1月3日が満席ということで、「じゃあ明日は?」ってな感じで、1月4日の予約も瞬く間に埋まり、今日も満席です。ずーーーーっと暇だったので、「満席」になるなんて嬉しいですよね。

それでも、今日で終わりのスタッフが1名いるので、またスタッフがひとり減って、店が忙しくなくても人が減って忙しくなる感じです。本当に人手不足のクィーンズタウン。これからどうなっていくのでしょうか。

そういえば、Howker & Roll という有名なチェーン店があるのですが、この一番稼ぎ時のさなか、店を閉めているんですよ。
カジュアルな店なので、町ブラをする人たちが立ち寄りやすいし、開いていれば超忙しいはず。

入り口には「Madam Wooへどうぞ」の案内が。Madam Woo とHowker & Roll は同じオーナーなので、こっちが閉まっててもあっちへどうぞ。って感じだと思うんですが、Madam Woo はもうちょっと高級な店なんですよね。ここがしまっているからってあっちへ行くかっていうと行かないと思うんですが。。。
で、何で閉まっているのかと言うと、どうも人手不足が原因らしい。
二つの店でスタッフが足りなくて、だったら、客単価の良い方の店にスタッフを集約させて、カジュアルな方はもう閉めてしまおう。ってことなんでしょうね。

うちの隣のビルに新しくオープンしたばかりのレストランも、まだオープンして1ヶ月くらいしかたっていないのに、この今の一番忙しい時期にランチ営業をやめてしまったんですよね。一日中店を開けられるだけのスタッフが集まらなくて、1シフトで営業できるようにディナータイムのみの営業に変えたのでしょう。

とまあそんな感じで、うちの店だけでなくて、クィーンズタウン全体が人手不足の問題に陥っています。

まあ、この正月休みが終わったら、国境が開かない限りまたあの閑散としたクィーンズタウンに戻ってしまうでしょうから、とりあえずは、どこも営業時間を短縮したり、休業日を増やしたりして対応するのでしょうが、国境が開いても、観光客だけ入って来て、労働力が入ってこないのでは意味がありません。
本当に、NZはどこへ向かって行くのでしょうか。

これ、わたしの住んでいる地域のSNS掲示板に投稿されていたんですが「どこかの茶トラが、うちの庭のスウィングチェアで昼寝してます」って。
これ、ムギちゃんじゃないか???
猫の手も借りたいと言うけれど、我が家には役に立たない猫の手だけはたくさんいるんですけどねぇ。。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA