New Plymouth でのホテルとレンタカーの手配 ②


さて、クィーンズバースデーは、New Plymouth へ行くことに決定したわけですが、
今回の旅の目的は、「のんびりリラックス」ですから、
宿もそういったところを探すことにしました。

まず、タラナキ山って、New Plymouth の町から見えるのか?
それすら分からない。

今回の宿の希望は、2点。
1、部屋からタラナキ山、もしくは海が見える
2、部屋に風呂がついている

いろいろ宿を調べてみても、
タラナキ山の写真はあるけれど、
それが宿から見た写真なのか、ただのイメージ写真なのかが分からない。
ただ、方向的に、山も海も両方見えるというのは難しいというのは、
地図を見てみてなんとなく分かりました。

とりあえず、風呂がついている宿のみをピックアップして、
それらの場所を地図上で確認する作業から始めました。
だけど、風呂がついている宿って、意外に少ないのです。

その中で、部屋から海が見える宿は1つしかありませんでした。
しかも、「海の見える部屋」を指定すると、ちょっと高くなり、
他の宿に比べて$100も値段UP!

だけど、今回は一泊だし、
飛行機代がタダで、レストランめぐりの予定もなくて、
なんのアクティビティにも参加する予定がないので、
天気が悪かった時のことを考えると、
ちょっと高くても部屋から海が見えて、風呂がついてるのは重要。
ということで、決めました。
「The Waterfront Hotel」

で、次に、レンタカーなんですがね、
New Plymouth で利用できるすべてのレンタカー会社を調べて、
一番安いところで予約したのですが、
どうも、空港のレンタカー事務所が、週末はお休みらしい。
それで、レンタカーを借りるのが日曜日ってことで、
借りる時には「時間外料金」($20)を取られ、
さらに、返すのがクィーンズバースデーなんですが、
「祭日料金」($40)を取られるのです。
そして、空港で借りるから、空港の駐車料金($15)も取られます。
まあ、それらを含めても一番安い会社だったのですが、
空港駐車料金はどこもとるから当然としても、
日曜日に時間外で、祭日に追加料金を取られるとは、
なんか、すごいNZっぽいなぁと思ったのでした。
だって、日本だったら、週末や祝日に、レンタカー屋さんが働くのって当たり前でしょ?
NZの場合、時間外や、祭日にかかる人件費のエキストラ分は、
会社ではなく、お客さん負担ってことなんでしょうね。
祭日にレストランが15%のサーチャージを取るみたいなものですね。
まあそれでも、この会社が一番安かったので、文句は言いません。

これで、ホテルとレンタカーの予約完了。
次は、New Plymouth の町でどんなことができるのかを調べます。
もちろん今回は、「のんびりリラックス旅」ですから、
車で美しい景色を観れる場所や、癒しの場所を探すのが目的で、
アクティビティなどに参加する予定はありません。

つづく

New Plymouth の町からタラナキ山は見えるのか?③

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA