Mekong Baby @ Ponsonby


実は、来年からメニューを一新すべく、
ここ3か月くらい、勉強になりそうな店を食べ歩いている私たち。
でも、今まで行っていたような、いわゆる「Fine Dining」ではないお店。

というのも、うちの店の料理は、基本的に、一人一皿で、
コースのように召し上がっていただくようになっているんですが、
それを、一人一皿でも食べれるし、みんなでシェアしても食べれるような、
そんな形態に変えて行こうと思っているのです。

だからといって、居酒屋風になるわけではないんですが、
今までの路線を守りつつ、でも、もう少し注文しやすいようにしようっていう計画です。

だのに、なんででしょう。
この12月は、驚いたことに、
来店するお客様の、なんと8割近くがコースメニューを注文されるのです。
クリスマスのスペシャルコースがあるからでしょうか?
いや、でも、去年もあったよ。
でも、こんなに、みんながみんなコースばっかりじゃなかった。

だけどね、今年のコースは、とても評判がいいんです。
コースを召し上がったお客様が、
翌週もう一回来て、コースの中にある料理を単品で召し上がると言うケースが続発。

これ、ブルーコッドを「カダイフ」という細切りにしたペストリーみたいなもので巻いて揚げているんですが、
あまりの大盛況ぶりに、このカダイフが、もう品切れだと、仕入先から通告されてしまうほど。
年内もたない可能性大。

というわけで、コース料理の人気振りから、その需要を噛みしめながら、
違う路線へ進むことに悩みながらも、
ま、コースはこのまま残すし、全部変えるわけじゃないし、
いろんな店を食べ歩くことで、次への目標も定まってくると思うし、
そんなわけで、シェアして食べることを推奨している、ちょっと高級なお店を選んで、
勉強のために食べ歩いているという訳です。

実は、今までも何軒かブログに登場しそうでしなかった店があります。
登場しなかった理由は様々ですが、
思ったよりイマイチだったりとか、
店内が暗すぎて写真が全然撮れなかったりとか。

今回行った「Mekong Baby」は、
ベトナムとかタイとか、アジアンのお店なんですが、
いわゆるアジアの店ではなくて、
現地の人向けのおしゃれ東南アジアンのお店です。
シェフからホールスタッフから、みんなKIWIで、お客さんもKIWI。

日曜の夜に予約をしないで行ったのですが、ほぼ満席。
ぎりぎり座れた感じでした

テーブルにつくと、まずはスタッフがメニューの説明にやってきます。
「うちの店の料理は、全部シェアして食べるようになってるのよ。
二人だったら、前菜2つ、メイン1つくらいでちょうどいいと思うわ。
食べ残したものの持ち帰りはできないので、
注文しすぎには注意してね!」

大食いの私たちは、いつも「このぐらいが適量よ」と言われる量よりも、
だいぶたくさん注文するんですが、
今回も、いろいろ悩んだ挙句、前菜3皿、メイン1皿、サラダ2皿を注文しました。

“Kingfish Sashimi, Green Nam Jim, Coconut & Basil” $17

“Pork Cheek & Clam Salad, Fennel, Cress, Crispy Pig’s Ear” $17

“Beef Tartare, Nashi, Yuzu Mayo, Dashi Salt, Bantam Yolk” $18

“Prawn, Sticky Pork $ Mango Salad” $18

“Heart Of Palm, Mustard Greens, Cress, Chargrilled Salmon Salad” $18

“Braised Pork Belly, Caramelised Chilli & Soy, Asian Slaw” $26

ここに書いてある、注文した料理以外にも、
「これなんだろう」という食材がたくさん。
どれもこれも、興味ある料理ばかり。
お値段的には、前菜もメインも、うちの店とほぼ同じですね。

さて、気になる料理はこちら!
(上手に撮れなかった写真は、お店のHPから写真拝借しています)

“Kingfish Sashimi, Green Nam Jim, Coconut & Basil” $17

日本食以外のお店にある「Sashimi」で、おいしかったためしがないんですが、
これは普通に、カルパッチョ風でおいしかったですよ。
Green Nam Jim とは、チリを使ったタイ風ドレッシングらしい

“Pork Cheek & Clam Salad, Fennel, Cress, Crispy Pig’s Ear” $17

これ、写真には写ってないですが、
このサラダの下に柔らかい豚頬肉があります。
そして、クラムは、しっかり味がついて炊いてあったので、
ドレッシングなしで、このまま食べても美味しい!
こういう、サラダに入っている具って、ドレッシングが絡んでないと味がないことが多いので、
クラムはクラム、豚頬肉は豚頬肉でしっかり調味して、
それを具材としてサラダに入れているところが秀逸。

“Beef Tartare, Nashi, Yuzu Mayo, Dashi Salt, Bantam Yolk” $18

これは、牛肉のタルタルなんですが、
味は完全に「ユッケ」でしたよ。
メニューには「ダシソルト」って書いてあるけど、
私にはコチュジャンに思えました。
で、Bantam Yolkってなにかと思って調べると、
「チャボ」の卵らしい。
鶏の卵よりも一回り小さいそうです。
濃厚で美味しかったです。

“Prawn, Sticky Pork $ Mango Salad” $18

どのサラダもそうなんですが、ドレッシングがさっぱりしていて美味しい。
私、マヨネーズ系が好きではないので、
こういうシトラスやフィッシュソースを使ったドレッシングが好き

“Heart Of Palm, Mustard Greens, Cress, Chargrilled Salmon Salad” $18

これもまた、おもしろいサラダ。
ココナツの芯の部分を使ったサラダなんだけど、初めて食べた。
一瞬大根みたい。
そして、さっと火を通したサーモンが具材なんですが、
このサーモンが、これだけで食べてもしっかり味がして美味しい。
これは、上記のクラムと同じ。
ドレッシングで食べさせるのはサラダだけで、
メインの具材にはしっかり味付けしてあるのが、手を抜いてなくて良い。
そのサラダも、それぞれ違った味のドレッシングでそれもまた良い。

“Braised Pork Belly, Caramelised Chilli & Soy, Asian Slaw” $26

今回注文した唯一のメインディッシュのポークベリー
これをなぜ注文したかというと、うちの店のメニューにもポークベリーがあるから。
人気メニューなので残したいけれど、どうやってシェアで食べさせるのか。
それが見たかった。
で、こんな感じのお皿だったんですけれど、
豚の角煮のようなサイズで4ピース。
これが、Caramelised と書いてあるんだけど、ほんとうにそのとおりで、
なんかパリパリした衣のようなもので包まれていると言うかコーティングされていて、
ちょっと甘いんだけど、「甘すぎる人用」に、
「お好みでどうぞ」ということで、黒酢ソースが別でついてきていて、
私は、これ、完全に黒酢と一緒に食べたほうが好きでした。
まわりの衣、中の柔らかいお肉、黒酢と甘いソースが混ざり合って、
いやぁ、美味しかったよ。

というわけで、今回、久しぶりに満足した外食でした。
(って、この前、焼肉をご満悦したばかりだったけど。。。)
とっても勉強になったし!
(ここ重要)

実は、最近よく行くお店で、
「Cafe Hanoi」っていう、ベトナム料理の有名店があるんですが、
そこも、シェアで食べることを推奨していて、
ベトナム人がベトナム人向けにやっているのではなく、
完全にいつもKIWIのちょっとお金持ちそうな人たちで一杯。


来年からは、準備が整い次第、
「Cafe Hanoi」や「Mekong Baby」のようなスタイルに、
少しずつ変えて行きたいと思っています。
新しいことに挑戦するのって、いつもワクワクしますよね!

今は、このクリスマス商戦を乗り越えるのに、疲れ果てていますが、
少しずつ準備を進めていますので、
どうぞ、お楽しみに!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA