そういえば、ダンナのクリスマスプレゼントは。。。


ダウトフルサウンド日記が長々と続き、
去年のクリスマスのネタが途中になってました。

もうなんのことだかって感じでしょうが、
実は、ダンナに内緒で用意していたクリスマスプレゼントの話の途中で終わっていたのです。

このプレゼント、どうしようか悩んだんですよ。
なんてったって、安くないし。
用意しといて「いらないし」とか言われたらショック!!!

で、何を用意していたかというと、実は、「二胡」なんです。

今まで、私が二胡を習っていて、それを傍らで見ていたダンナ。
元々バイオリンをしていたので、見ているだけで、練習している私よりも上手に弾けてしまっていたのです。
ところが、あるところから、教科書の難易度も上がってきて、真剣に練習し始めたのですね。
そして、2回前から、私と一緒にレッスンも受け始めました。
(とはいえ、レッスンは2,3か月に一回しか行ってないんですけどね)

そして、今後、二胡を続けていくにあたって、
一台ずつ持っていた方がいいんじゃないか。と思い始めたのです。
ダンナも「自分の二胡」があったほうが、もっとやる気が出るんじゃないかと。

それに、まだまだ夢のまた夢ですが、二重奏とかできたら素敵ですよね。

でも、二台あっても、練習は一緒にできないから、かわりばんこにやります。
だって同時に弾いたら、自分の音聞こえないし。
だったら、一台でもいいんじゃないの?ってところで、
「本当に二台いるのか???」という葛藤がありました。

悩んだ挙句、三味線のリリーさんに相談したところ、
「絶対一人一台あったほうがいい!」という言葉に背中を押され、
清水の舞台から飛び降りる思いで、二台目の購入を決意したのです。

早速、二胡の先生に連絡して、
「ボクシングデーの日に、取りに行きたいんだけど、準備しといてくれる?」とTEXT
私が使っているものと同じものを用意できるってことで、それをお願いしました。

さてさて、何も知らないダンナは、温泉の帰りに、二胡の先生の家に寄ってくれと言われ、
びっくり。
初めて、クリスマスプレゼントに、二胡が用意されていたことを知ったのでした。

「えー?いらないのに!」みたいな反応をされたらどうしようかとビクビクでしたが、
案外そうでもなかったので、よかったです。

というわけで、ダンナが手に入れた二胡が左。私のは右。

私のと同じタイプなんですが、ケースの色が違うんです。
店内が暗すぎて、全然よく分かりませんねぇ。
あと、こまかい部分が、ちょっとずつ違うんです。
それと、何故か、私のよりも音が大きい気がする。

でも、せっかく二胡を手に入れたのに、
年末の忙しさと、年始の旅行と、まあいろいろあって、
全然練習する時間が取れていません。
先週など、仕事が終わってから二人で練習しちゃいました。
23時とか?

新しいものを手に入れたら、使ってみたくなりますよね?
そういう意味では、二台目を買ったのは正解だったかも。

で、実はですね、早速勇み足で、二重奏に挑戦してます。
一人でも上手に弾けないのに、二重奏だなんて!
でも、二人で音を合わせるのって、やっぱり気持ちがいいというか、
ハーモニーが素敵。
まだまだ技術が足りないので、自己満足の世界なんですが、
一人で黙々と練習するよりも、ずっと楽しみが増えました。

でもね、二重奏の楽譜って全然ないんです。
そこで、今一生懸命やってるのが、自作の二重奏の楽譜。
合唱の楽譜から、主旋律とハモリに分け、楽譜を作り、
そこから二胡用の数字譜にしていきます。

楽譜を書くのなんて、何十年ぶり!?

というわけで、まずは、楽譜作りから頑張ってます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA