朝起きて、早速外の天気を確認すると、
まだ雨は降っていないけれど、どんより曇り空。
そして、風が強い。
たしかにこれは、今出発しなければ、午後には嵐がやってきそう。

9時の便だったので、8:15に空港に到着するため、
私たちは7:30に宿を出発しました。

8時に空港に着くと、私たちと同じ便に乗るであろう人たちが数組。
同じ時間に、オークランド行、ノースショア行の2便が出る予定でいましたが、
どちらも、オークランドからの飛行機は到着していませんでした。

とりあえず、チェックインをして、荷物を預け、ただひたすら待ちます。

あっという間に10時をまわって、11時になろうという時、
「少なくとも13時までは無理なので、お昼でも食べてきて」と言われ、
私たちは、一度返したレンタカーで、近くのカフェへランチを食べに行くことにしました。
レンタカーは、元々16時まで借りていたし、
返却時は鍵をあけっぱなしにして、空港の駐車場に置いておいて良いと言われていたので、
黙ってそのままもう一回借りたのです。

この時はまだ、雨は降っていなくて、
どんよりした曇り空と、風。

飛行機が小さいので、風が強いと飛べないのですね。
でも、「雨も降ってないのに。。。。」という思いもありました。

そして、ランチを食べている途中、来ましたよ!豪雨!
ここから16時まで、私たちは完全なる豪雨に見舞われ、
「こりゃ、飛行機飛ばんわ」という状況に陥ったのです。

絶対に13時に飛行機は飛ばないだろうという確信を持って空港に戻ると、
案の定、飛行機は飛ばないし、オークランドから来てもないんですが、
お客さんの数は確実に増えてる。

そんな中、一機の飛行機が空港に降り立ちました!
その翼には「Sun Air」と書いてあります。
あれ?Great Barrier Air じゃない?

そう。実は、ここグレートバリア島は、
タウランガからの往復便も発着しているのです。
そして、天気の良いタウランガから、飛行機が飛んできたのですね。

でも、グレートバリア島は大荒れ。
飛んできたものの、ここから飛ぶことはできません。

パイロットは、空を見たり、天気図を見たり、どっかに電話をかけたり、
忙しそうにしていると思ったら、おもむろに、「出発するよ!」と声を掛け、
タウランガ行きの人たちを乗せて飛び立って行きました。
ここから飛び立てるなんて羨ましい限りだけれども、
この天気の中飛ぶって怖いなー。
いくらタウランガの天気が良くっても、ここを抜けなくちゃいけないんだものね。

さて、それから、14時になった頃、
私たちも、今日はもしかして飛行機飛ばないんじゃないかってことを考え始めました。
とにかく、今日中か、遅くとも明日の朝にはオークランドへ戻らないと、
お店の営業に関わります。
下手したら、臨時休業も考えないといけません。

そんな中、また向こうから飛行機が一機。
なんと!またもやSun Air がやってきたのです!
飛行機からパイロットが下りてロビーに入ってくると、
もう、拍手喝采ですよ。
そして、Sun Air は、タウランガ行きのお客さんを載せて、
また飛び立って行ったのでした。
みんな、外にまで出て、飛行機が無事に飛び立っていくのを見届けました。
だって、怖いもの。こんな天気で飛ぶなんて!
次は自分かもしれないから、ちゃんと見届けておかないと。。。

そして、15時も回った頃、また向こうから飛行機が一機。
またもやSun Air ですよ!
私たちがオークランド行を待っている間に3往復もしてしまうSun Air。恐るべし。

でもね、向こうの空が、微妙に明るくなってきた気が。。。。
でも、天気を見ると、こんな感じ。そんな中、また向こうから飛行機が一機。
なんと!またもやSun Air がやってきたのです!
飛行機からパイロットが下りてロビーに入ってくると、
もう、拍手喝采ですよ。
そして、Sun Air は、タウランガ行きのお客さんを載せて、
また飛び立って行ったのでした。
みんな、外にまで出て、飛行機が無事に飛び立っていくのを見届けました。
だって、怖いもの。こんな天気で飛ぶなんて!
次は自分かもしれないから、ちゃんと見届けておかないと。。。

いわゆる、雷雨ってやつですね。
昨日までの天気予報では、夕方から晴れるはずだったのに。。。。

と思っていたらですね、また飛行機が一機。
今度は、翼に「Great Barrier Air」の文字が書いてある気がする!

オークランドから来たのか???
続いてもう一機、そのあともう一機。

と、なんとまあ、いきなりオークランドから3機もの飛行機が飛んできたのです!

やったーーーー!!!!
これでオークランドに帰れる!!!!

今日の宿の心配や、明日の営業の心配は、
オークランドに帰ることが絶望的になるまでは考えるのをよそうと言ってましたが、
ほんと、待ったかいがありましたよ!
空港で7時間も!

3機の飛行機のうち一機は、ノースショア行。
ここは、生まれたばかりの赤ん坊と小さい子がいたので、
本当に長い長い7時間で、かわいそうでした。
まず、この家族から出発します!

そして、次の2機は、9時の便と13時の便の乗客が乗ります。
もちろん、9時の便は私たち。

そうこうしている間に、
驚いたことに、超晴天になっちゃいましたよ。
これだけ天気が良くなったら、
もう恐れるものはありません。
さっきまでは、嵐の中飛び立っていく飛行機が、
羨ましいような、羨ましくないような、複雑な気持ちでいましたが、
こんなに晴れた中、飛行できるなら、7時間待った甲斐があったというものです。

名前を呼ばれて外に出ると、
超大型犬が!
これはもしや「犬30kg以上は子供料金で座席に座る」っていうアレですか?

あんな小さな飛行機で、隣の席が犬だったらどうしよう!
と、ちょっとびびってたのですが、
犬はもう一機の飛行機で、私たちの飛行機は、人間だけでした。

小型の飛行機だからだと思うんですが、
荷物を預ける時、預け荷物の重さを計った後、
手荷物を持って体重計に乗らされるんです。
飛行機が小さいから、バランスが取れるように座席を配置していくんですね。
一番大きな男の人は、パイロットの隣の席でした。
特等席ですね!
体重の軽い女性人は、後方座席でした。

ところが、私が座った座席、びっくりするくらいびっちょびちょだったんですよ。
非常口の案内をお尻に敷きましたが、全然だめ。
もう、オークランドに着くまで身動きもとれず、
下着までびっしょびしょになってしまいました。
なんで私の座席だけあんなに濡れていたんだろう。
さっきまで犬でも座ってたんですかねぇ。

さて、飛び立った飛行機からは、美しいグレートバリア島を眺めることができました。
一本だけある滑走路が見えます。
あそこが空港ですね。

本島が見えてきました‼

ああ、今日中にオークランドへ戻れたばかりでなく、
こんな晴天の中を飛べるなんて、本当にラッキーでした。

でも、元々17時の便だったのに、
空港のおばちゃんに9時の飛行機に変えられて、
結局16時半まで飛べないなんて、
飛行機変えなきゃよかったじゃん?って思うけど、
まあまあ、それは飛べたから言えるんであって。

そうそう!飛行機の中から、イルカの群れも見れましたよ!

今回は、天気が残念だったけど、それは季節外れだったからであって、
初日が天気に恵まれただけでもよかった。

今回は、来年の夏にまた来るための下見と思って、
良い体験をしました。
何がどれだけあって、何がどれだけないのかも、
よーく分かりました。

来年の夏、リベンジします!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA