昨日は、月曜日でお休みだったのですが、巽カレンダーができあがったので、ご挨拶を兼ねて、お客様を紹介してくれそうなアコモデーションに、あいさつ回りに行ってきました。

クィーンズタウンは観光地なので、こんなに小さい町でも、200軒以上のアコモデーションがあって、それでも足りなくて、AirBnb もめっちゃたくさんあります。
あまりにもAirBnbが多すぎて、規制が始まったくらい。

当然、ほとんどのホテルは、街の中心部にあるのですが、空港から町までを繋ぐフランクトンロード沿いには、Motel がたくさんあります。
そして、メインストリートから外れて、ちょっと高台に行った方面や、街を通り過ぎて湖の方へさらに進んだ方面には、「Lodge」と呼ばれる高級アコモデーションがひっそりと佇んでいるのです。

クィーンズタウンは、世界からお金持ちがたくさん集まる観光地ですが、海もないし「高級リゾート」っていうのとは、ちょっとイメージが違ったんです。
でも、昨日、カレンダーを配りに高級ロッジを訪れて、その考えが覆りました。
町から車でほんの5~10分程度走っただけで、そこは静かで落ち着いた雰囲気溢れる、高級リゾートだったのです。

さて、まず一軒目。
「Matakauri Lodge」

一番安いお部屋で二人で$2,000
スタンダードで二人で$3,000
高いお部屋で二人で$4,000
一泊のお値段ですよ?世の中には、こういうところに何泊もする方がいらっしゃるのですね。

駐車場に車を停めて、エントランスへ向かう途中、庭でクリーナーの方とすれ違うと笑顔で挨拶してくれる。っていうこの感じが、なんかとっても高級リゾートっぽい。
まず、ホテルに宿泊してたら、クリーナーとすれ違うのた、大抵が廊下。「庭でクリーナーとすれ違う」というシチュエーション自体が、なんかとってもリゾートを感じてしまいました。
そして、なんといっても、宿からの景色。
海じゃなくて湖だけど、超大きな湖なので、宿から見える景色は、もうこれは海といっても過言ではない。水平線の向こうが山ってのが、湖なんですが、それでも、その山の景色もまた美しい。

そしてお次は「Azur Lodge」

エントランスでインターホンを押さないと、ゲートが開きません。
こちらはの宿泊は、大体一泊2人で$2,000

こちらのAzurは、ご縁があって、いつもお客様をご紹介していただいているんです。
初めてのご紹介は、お客様が「美味しい和食知らない?」と宿の方に聞いて、その方が「行ったことはないけれど、巽という評判の良い和食レストランが新しくできたらしい」と、ご紹介してくださったらしいんです。
そしたら、そのお客様が、本当に満足してくださって、帰り際に$100のお食事券を購入して、巽を教えてくれたホテルのスタッフの「お礼」と言ってプレゼントしたそうなんです。そしてその数日後、そのホテルのスタッフの方はすぐにお食事に来てくださって、そんなご縁から、本当に頻繁にお客様をご紹介してくださるんです。

それにしても、「美味しいお店を紹介してくれたお礼に」といって$100のお食事券をホテルのスタッフにプレゼントしてしまうあたりが、なんか余裕のあるセレブリティな香りがプンプンします。なかなかできることではありませんよ。だって、レストランを紹介するのはホテルのスタッフの仕事の一部なんですから。
やっぱり、一泊$2,000の宿に何泊もするような方は違いますね。

このあたりの高級ロッジは、「山奥」のような感じがしますが、町から車で5~10分程度というのがすごい。アクセス抜群なのに、森の中の一軒家のようなラグジュアリー感を楽しめて、しかも、目の前は一面の湖!
いつか、こういうところで休日を過ごすような身分になりたいものです。
(でも、ここから車で5分のところに友人宅があって、そこに泊まらせてもらっていた時は、毎日こんな景色が臨めるんですけどね)

お次はLodge ではありませんが、湖沿いの高級ホテル「The Rees Hotel」

こちらは、一番安いホテルルームが$350~$650くらいまでなので、私も過去に何度か宿泊しようと思ったことがありました。
(やめた理由は、車がないと不便)
ホテルルームだけではなく、2ベッドルーム、3ベッドルームとあるので、ご家族などで旅行する場合には、とっても良いと思うのです。

こちらも、先日、常連のお客様が、このホテルのマネージャーの方を連れてきてくださって、そしたら、その日の晩から、1週間で3組もお客様をご紹介してくださいました。

このほかにも、昨日は全部で20軒のホテルとロッジを訪問しました。
言い方は悪いですが、ホテルのランクで、受付のランクがかなり異なることを実感。
高級ロッジや高級ホテルの受付(フロントデスクやコンシェルジュ)は、やっぱりプロっぽかったです。見た目も美しい人が多かった。ちょっと安めのホテルだと、アルバイトみたいな感じ。

あと、今回行った中で、雰囲気が良かったのは、
「St Moritz」と

「Sofitel」

と、こんなブログを書いている間に、またAzur から、今夜の予約が一件入りました。
ほんと、有難いことです。

カレンダーは全部で50札あるので、10札は身内に配るとして、40札はホテルに配ろうと思っているので、まだ半分!
引き続き、頑張って配ろうと思います。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA