ワインリストを新しくするのに、新たに「Gin」と「Vodka」の項目を作ることにしたんです。
というのも、お酒を注文される時に「Gin 何がある?」とか「Vodka何がある?」とかよく聞かれるんですよね。
私なんて、そんなにこだわりないから、Barに行っても普通に「ジントニックください」って注文するんで、「Ginはこのブランドで」なんてものは特にないんですよね。

うちの店には、ジンが6種類、ウォッカが7種類あります。
そんなにチョイスがあるなら、そりゃ、お客様に選んでいただいた方が良いですよね。
高級なジンなどは特に、メニューに載せなければ出ないし。
せっかくあるんだから、メニューに載せるのは当然のことでした。(今更)
ワインとウィスキーが多すぎて、全部で13ページもあるドリンクメニューですから、ジンとウォッカまで手が回らなかった。というのも事実。

そう。そして。ジンとウォッカに、ワインのようにそれぞれ産地を入れるんですが、実はジンの産地は、ほぼほぼイングランド。そんな中、ニュージーランドが1種類と、スコットランドが1種類。分かりやすい!

ところが、ウォッカと来たら、ほんと、産地がまちまちで、ポーランド、ニュージーランド、フランス。。。
で、問題のスミノフです。
Smirnoff って言えば、日本でも世界でも有名なブランド。
でも、このウォッカがどこの国のお酒か知ってますか?

ラベルを見たら、「Bottled in Australia 」って書いてあるんです。
最初、「へー、スミノフってオーストラリアのお酒なんだー。」なんて、何の疑問も持たずに、メニューに「Australia」と記入。
でも、書いてから「ちょっと調べてみよう」と思ったんですよね。
なんか、オーストラリアのお酒が、こんなに世界的に有名なんて、ちょっとおかしいかも。って思ったから。(オーストラリアに失礼)

で、調べたところ、元々はロシアの会社だったのが、ロシア革命でフランスを経て、アメリカに亡命して、そのアメリカで一躍有名になったんだけど、今ではイギリスの会社の傘下だそうで。
そして、その会社のオーストラリア支社がオーストラリアにあって、そこが「販売元」になってました。

う~ん、こういう場合、「どこの国の酒」と表記するのが正しいのか?

この件、ダンナに相談したところ、「コカ・コーラと同じじゃん?アメリカの会社でアメリカの飲み物だけど、日本コカ・コーラボトラーズが製造販売元だからメイドインジャパン。」

確かに、その通り。
メイドインジャパンだけど、コーラは日本の飲み物かっていったら、なんか違う。
こういった場合、メニューには「どこ産」と表記すべきかっていったら、どこ?

というわけで、Smirnoff だけ、原産国「未表記」にしました。
だって、みんな知ってるお酒だし、原産国でSmirnoff を選ぶかった言ったら、Smirnoff はSmirnoff として選ばれると思うんですよね。
New Zealand 産のウォッカだったら「へ~。ニュージーランド産なんだ!試してみよう!」ってなるかもしれないけど。

ちなみに、日本のSmirnoff は、韓国製らしいです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA