現在建設中のQueenstown Central には、続々と新しいお店がOPENしています。
その中の1つ、アジアンマートに行ってきました!
ここは、クィーンズタウンに3店舗もある”Hikari Sushi”のオーナーと同じ人がやっているんだそうです。
このQueenstown Central には、”Hikari Teppanyaki”もできるらしいですから、ほんと、クィーンズタウンでは、もっとも成功している日本食レストランですね。それが韓国人ってのが、日本人としては残念なんですが。。。

ここができる前から、アジアンマートができるというのは知っていたんですが、「Kim’s Aisan Foods」という名前からも、韓国系だということは予測していました。
韓国系のアジアンマートはすでにあるので、できれば台湾系が良かったんですが、贅沢は言いません。
現在ある韓国マートは、無駄に店が広くて品揃えが悪く、納豆とラーメンを買うときにしか行かないので、この新しい店が、どんな品揃えになるのか、楽しみだったんです。

しかし!実際行ってみると、一応OPENしたものの、まだ棚はスカスカで、ちょっと見切り発車的な感じを受けました。
これからすべての棚が埋められて、もっと充実してからまた行ってみようと思います。

これ、アジア系の店あるあるなんだけど、レジの子が、ずっと携帯電話いじってるの。
いくらお客さんがいなくても、これ、ナシだと思うんですが、どうでしょう?
分かんないけど、日本のコンビニとかでも、お客さんのいない時間にレジの人は携帯電話いじってたりするんですかね?

さて、話は戻りますが、この店で、特筆すべきことは、すべての値札に「韓国」「中国」「日本」の国旗がついていて、どこの国のものだかが分かるようになっているんです。
私達日本人は、見たら日本語なのか、中国語なのか、韓国語なのか分かりますが、外国人にとっては、みんな同じで分かりませんよね。
「どこの国の商品なのか」を明示して販売してるのは、とっても画期的だと思います。

また、ラーメン売り場はかなり充実していましたが、日本のラーメンはラ王しかなかったので、これなら、元々ある韓国ショップの方が品揃えは良いですね。

元々、ラーメンは日本のラーメンしか基本的には買わないのですが、たまに韓国のラーメンを買うときは、辛ラーメンか、牛骨湯麵を買うんです。
そしたら!なんと、牛骨湯麵が!!!

まさか、これは、表示ミスですよね?
$0って。

あと、冷凍のタコの足があったので、たこ焼きはこれでいつでもOK!

お菓子売り場は、日本のものはかなり少なかったです。
蒟蒻ゼリーだけ、やけに充実していましたよ。

店内の壁は、何故かドラゴンボールの漫画。
韓国人オーナーさんの趣味なんでしょうか。
それとも、デザイナーさんが、あえての選択肢でこれにした?
謎すぎる。

というわけで、今回は、ざーっと下見だけして、なにも購入しませんでした。
もう少し棚がちゃんと埋まったら、また行ってみようと思います!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA