うちのチビちゃん。とうとう名前が決まりました!
いろいろ候補はあったのですが、あまりにもやんちゃなので、可愛らしい名前を付ける気にはならず、ライオンとか、豹とか、虎とか、チーターとか、そっち系の名前しか頭に浮かびませんでした。

走る姿はチーターのよう、狂暴さはライオンのよう、体の柄は雪豹のよう。それらを表現できる名前ということで「虎丸」となりました。ダンナは「虎吉」はどう?と言っていたんですが、もっと「牛若丸」的なイメージで、「虎丸」と名付けました。

寝てるときは可愛いんですけどねー。まあとにかく、やんちゃすぎて、先住猫のジジ茶々は完全にビビっちゃってます。

「猫は液体でできている」とかよく言われるけれど、うちの子は、スライムのように寝落ちしています。

さて、ジジは、虎丸がいても、ある一定の距離を保ちながら、同じスペースにいることができるようになったのですが、茶々は、虎丸の気配を感じただけで、まったくリビングへ入って来ようとはしません。
私達が家へ帰ると、とりあえずジジ茶々は、夜中の徘徊で外へ出かけるので、その間は、虎丸がリビングを占拠して走り回っています。

そこへ、突然帰宅した茶々。

窓の外から、虎丸がいないかどうか、念入りにチェック。
どうも、いないらしいと思うと、ちょっと覗いてみる。

それでも、まだ警戒して、なかなか入ってきません。

見てくださいよ!このビビリっぷり!!
なんて小心者なんでしょうか。
そして、虎丸の鈴の音が聞こえると。。。

後ずさり。。。。

結局、このあと、どうなったかというと、こんな感じの三つ巴。

外のデッキのソファーの上に茶々、キャットタワーの上にジジ、下には虎丸。

これが、現在の3匹間のセーフティゾーンのようです。

寝室で自分の陣地を守り、平和な眠りにつくジジ茶々。

虎丸も、ジジにはそーっと近づくのですが、茶々を見ると追いかけるんですよ。
なので、茶々は「ウーーーーー」とか威嚇する間もないままビビって逃げるのです。この逃げっぷりがすごくて、リビング→廊下→寝室(猫窓通過)→バスルーム(猫窓通過)→バスルームの窓から外へ。
というロングランで逃げ切ります。

茶々がこんなにビビりとは知らなかったなぁ。
3匹仲良く戯れる姿を、1日も早く見られることを願っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

4件のコメント

    1. そうなんですよ。とってもかわいいんですが、まあ、とにかくやんちゃで、、、だいぶ手を焼いています。
      先住猫であるジジ茶々にストレスを与えないように、自然と仲良くなってくれることを願っています!

      0
  1. 新しい猫をお迎えするときに気を付けないといけない事があります。

    もともといる猫をあくまでも先輩?として認識させることです。
    1週間くらいは、新しい猫をケージに入れてあくまでも毎日、数時間でも触れさせること。元々いた猫ちゃんたちにとっては、自分のテリトリーを新しい猫に占領させてしまうことになるからです。
    新しい猫を抱っこして、会わせるのもダメです。飼い主にヤキモチ焼くからです笑

    人間関係でも似てますよね? あくまでも年齢序列みたいな感じで。。。。

    0
    1. コメントありがとうございます。
      そうですよね。新しい猫はあくまでも新人で、先住猫の立場を立ててあげないといけないと感じています。
      抱っこして近寄るのも、やきもちを焼かせてしまうというのもよく分かります。視線からそれを感じます。
      今は、先住猫がストレスを抱えてしまうのではないかとそれが一番心配で、可哀想だけれど、しばらくは虎丸はゲストルームに隔離して、住み分けをしながら慣れて行ければなぁと。
      いやー。先住猫が内気な性格で、新人猫が恐れを知らない積極的な性格なので、こんなに難しいとは思いませんでした。
      時間をかけて、ゆっくり距離を縮めて行けたらと思っています!

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA