昨日は、久しぶりに、日本の実家に電話をしました。
声も出なくなるほど体調が悪かった一ヶ月のあと、スクールホリデーが終わってやっとゆっくりできるこの日まで、もう2ヶ月くらい電話してなかったかも。
ありがたい賞をいただいた時も「日本の実家に連絡しましたか?」と聞かれたのですが、その時も電話していなくて、やっと昨日電話をかけたのです。

スタッフの子の話では、ほぼ毎日、実家のお母さんや家族と、Linのグループ通話で話をしたり、メッセージのやりとりをしているというんです。今時、距離を感じさせずに繋がれるので、「外国に住んでいるので、電話は月一回」なんてのは古いんですかね?時代は変わったものです。

久しぶりに話す母はとても元気そうで、ワクチン摂取2回とも終了したと言っていました。少し夜に熱が出たくらいで、副反応もたいしたことなかったようです。それでも、以前と変わらず、用のある時以外は、ほぼ外に出ない暮らしをしているでした。
姉は、ワクチン一回目を終了し、来週2回目を摂取するなのですが、それを前にして、職場で感染者が出たため、3日間自宅待機なんだそうです。なので、昨日は月曜日なのに、家にいました。
姉の職場は幼稚園なので、そういった教育関係は優先摂取があるのかと思ったら、そういうのはないそうで、姉は、通っている「ライザップ」でのワクチン摂取らしいんです。ライザップって、あのライザップですよ。なんかコロナ蔓延初期の頃から、全インストラクターが抗体検査を定期的に受けるというのはニュースで見ていましたが、ワクチンが始まったら、今度は、インストラクター、グループ会社のスタッフ、取引先の希望者を優先的に摂取し、その後、希望するお客さんやスタッフの家族にも摂取範囲を広げていっているのだそうです。わたしはてっきり、姉がライザップで働き始めたのかと思って驚いてしまいました。

それにしても、日本の感染爆発はものすごい勢いですが、一方、死者や重症者の数はそれほど増えていないとか。。。いったいいつになったら、通常の生活を取り戻すことができるのでしょうか。

ニュージーランドはと言えば、市中感染者の数がゼロの状態が続いていますので、ワクチン摂取が始まっても「我先に!」という雰囲気ではありませんが、わたしのまわりの60歳以上の人たちは、すでに摂取を受けています。2回目のあとに熱が出たという話は聞きましたが、大きな副反応もなかったようです。
このあと、55歳以上の枠がオープンになり、そのあと45歳以上の枠が8月中旬から下旬頃にオープンになり、そのあと35歳以上の枠が9月中旬から下旬頃にオープンになり、それより若い人たちは10月から。。。といった具合です。
わたしは年齢的には今月中旬から下旬頃に摂取が可能になりますが、まだ摂取を受けるつもりはありません。副反応のことを考えると、摂取後二日は店を閉める予定にしておかないと怖いですからね。なので、わたしは、全スタッフがワクチン摂取を受けることができるようになる10月以降に、みんな一緒にワクチンを受けられるようにしたいと考えているのです。その時には、お店を3〜4日ほど閉めて、その2週間後に、また3〜4日ほど閉めます。やはり、ワクチンの副反応の可能性のことを考えると、それが一番いいと思うんですよね。

それでも、わたしの周りには「ワクチンを打つつもりがない」という人もたくさんいます。だって、ニュージーランド国内にいる限り、今のところ感染の可能性は著しく低いので、摂取する必要がないのです。でも、海外渡航の予定がない人はいいですが、国境が開いて、さて「海外旅行に行くぞ!」とか「日本に帰国するぞ!」となった時には、やはりワクチンを摂取していないといけないようなことになるんではないかと。。。どうなんでしょうか?ワクチンを摂取しなくても、海外旅行に行ける未来はあるのでしょうか?だったら、わざわざこの安全なニュージーランドでワクチンを摂取する必要もないのでは。。。

スタッフの意見も聞いてみましたが、やはりみんな「受けなくてもいいなら受けたくない」というのが大半。でも、「日本に一時帰国するには、絶対ワクチン摂取をしないとダメですよね?」というわけで、仕方なく摂取をするというので全員一致でした。これだけ水際対策をしっかりしているニュージーランドのことですから、国境が開いたとしても、ワクチン摂取をせずに海外へ行った場合には、帰国時には2週間の隔離を徹底し続ける可能性は大いにあります。ニュージーランドの2週間隔離は、日本のぬるい自己隔離とはまったく違い、指定のホテルを2週間予約して、その予約番号がないと帰国のチケットが取れないっていう、本当に厳しいものなのです。そんなことするくらいなら、ワクチンを摂取したほうが良いと思って当たり前です。
というわけで、とりあえずは10月までは様子見で、ワクチン摂取については、また、スタッフ全員が摂取できる状態になったときの世界の状況や、今後の国境の様子などを見て決めたいと思っています。

そして、どこの国でもそうだと思いますが、「ワクチン摂取反対」「ワクチン摂取拒否」という人たちもいます。それは、個人個人の考え方なので、わたしはまったく構わないと思っています。
でも、最近、クィーンズタウンで、こんなことが起きています。

道路にスプレーで、メッセージを残す人たちがいるんです。
これは、ダメなんじゃないか?たとえその人にとってはどれだけ大切なメッセージであったとしても、公共の道路なのですから、落書きと同じです。

昨日の夕飯は中華。ご飯が進みます。
その足元では、むぎちゃんがおもちゃで遊び、その様子を椅子の上から眺める虎ちゃん。争いがないのが一番です。

そして、ブラッシングをしてもらっているジジのすぐ近くで、魚のおもちゃで遊ぶ虎ちゃん。ジジは虎ちゃんがこんな近くにいたら落ち着かず「フ〜〜〜〜」と言っています。ほんとに臆病なやつです。

そして今日も、虎ちゃんは、空を飛ぶ夢を見ているようです。
ほんと、週に一度はこの空飛ぶポーズで寝ています。

我が家のキング虎は、彼の動向ひとつで、他の猫ちゃんたちの日常が一変することをわかっているのでしょうか?一匹狼ではなくて、他の子達と仲良くしてほしいなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA