この4連休でのイベントの1つだった「はじめての女子会」
これは、お店の常連のお客様から誘っていただいたのですが、わざわざわたしの休みに合わせて計画をしてくださいました。

クィーンズタウンに来てから、と言うかオークランドでも、わたしは女友達だけでどこかにお出かけすると言うことはほぼ皆無で、お出かけする時は、「わたしとダンナと友達夫婦」と言う夫婦ぐるみの付き合いが常でした。と言うのも、「わたしだけの友達」というのがいなくて、全ての友達はダンナと共通なので、結果誰かと会う時には「夫婦2組」になるのです。

ダンナは、以前はそこまで「友達欲しい派」ではありませんでしたが、クィーンズタウンに来てからは、すっかり「友達欲しい派」に転じ、一緒にスキーに行ったり、BBQしたり、DIYやガーデニングなどの共通の趣味を持つ人と関わりたいと思うようになったみたいです。オークランド時代は、仕事だけの日々でしたから、友達が必要なかったのかもしれませんね。でもこれは「人として」とても良い変化だと思っています。
わたしはどちらかと言うと人付き合いが面倒くさいタイプ。社交的だと思われがちですが、いやいやとても内向的で、人に慣れるまでに時間がかかります。何て言うんですかね。人との適した距離感を持ち続けることが私には難しく、人付き合いが面倒くさいと言うよりは、人付き合いから発生するストレスの大きさを考えると、「一人でいいや」と思ってしまうのです。

そんな私を「今度一緒に食事に行きませんか?」と誘ってくださったのは、私よりも5歳ほど年上の方なのですが、実は、2年前の誕生日には、ランチに誘ってくださって、それが私にとって、ダンナ以外の人との、はじめての外食でした。
そして今回は、他の方も誘ってのディナー会を計画してくださって、これが、私にとっては、クィーンズタウンに来てから2回目のダンナ以外の人との外食。「はじめての女子会」になったのです。

外に出る仕事をしていながらも、内にこもる私を、2度も外に連れ出してくださって、本当にありがたいことですよね。彼女は明るく太陽のような方で、日本人NZ人を問わずたくさんの友達がいて、若い子から年配の方まで幅広くお付き合いもあって、いつも周りの人を気遣えて、作法やマナーも心得ていて、ちょっとなかなか出会えない「すごいなぁ」といつも感心させられてしまうようなお方なんです。そんな方ですから、内に引きこもっている私を見て「外に連れ出したい!」と思ってくださったのでしょう。
「今度一緒に女子会しましょう」とお誘いをいただいてから、日付を決めて連絡をくれたのはその2日後のこと。驚いた反面、社交辞令や口約束ではなく、速攻行動に移すあたりも、本当に魅力的な方だなぁと思いました。多くの方に慕われるはずです。

とまあそんなわけで迎えた女子会当日。なんと私は、朝から「アワビ狩」に出かけていました。天気と潮の関係で、どうしてもその日になってしまったのです。
でも、アワビ狩からは15時過ぎには戻ってきていましたので、時間的には問題ナシ。でも、さっきまで岩場でアワビを獲っていた自分と、これからオシャレをして女子会に出かけていく自分のギャップに、磯臭さが残っていないか心配しながらのお出かけとなりました。

そして集まったのは、高級店「Botswana Butchery」
何て煌びやかな場所で集まるのでしょう。期待が膨らみますよね。
ここに、朝からアワビを探して岩場をウロウロしていたのは、私くらいのものでしょう。

平日だというのに、しかもこのコロナ禍の厳しい時期に、結構混んでいて驚きました。やはり有名店は違いますね。そして、来ている方もお金持ちそうな上品な方ばかり。羨ましい。

料理は、前菜を3品注文してシェアをして、メインはステーキを注文。Butchery ですから、やはりここに来たら肉を注文しなくては。。。でも、お一人魚料理を注文された方がいて、ちょっと魚も美味しそうでした。

お料理はこんな感じ。どれも普通に悪くないですが、飛び抜けて美味しいものもありませんでした。先日行ったクライストチャーチの「INATI」の料理のクオリティの高さを思い出し、また行きたくなってしまいました。

料理はさておき、話に花が咲き、きっと私は喋りすぎました。
もっと人の話を聞ける人間にならなければいけないと反省。大事なのは「聞く力」ですよね。私、話す力には長けている方だと思うのですが、これから必要なのは「聞く力」です。
みなさんお店にお客様として来てくださったことがあって、知っている方だったのですが、ちゃんと話すのははじめてだったので、NZに来たいきさつや、クィーンズタウンにいる経緯などの自己紹介的なものから始まって、最後は、美容や健康の話で盛り上がりました。(←私が一方的に、みなさんの美容や健康、使っている化粧品などについて聞きまくりました)

NZと言う田舎の国の、さらに田舎のクィーンズタウンと言うところに住んでいると、美容って、とっても遠い世界なんですよ。そんな中、みなさんとても綺麗にされているので、何をしているのか、何を使っているのか、聞かないわけには行きませんでした!正直、クィーンズタウンでの暮らしでは、「美容」って結構不要だったりするわけですよ。行くところもないし、見せる人もいない。そうなるともう、「美容」ってもう、自分自身のモチベーションでしかないんですよね。でも、そのモチベーションをどこで発揮するの?っていうその場もない。せめてオフィスで働いていれば、人と会うから、毎日何を着て行こうか、ヘアスタイルちょっと変えてみようかとか思うんでしょうが、そういうんでもないし。。。

というわけで、わたしの中でくすぶる「美容熱」を刺激されただけでも、とても楽しい一夜となったのでした。

わたしのように、なんの運動もせず「どこにも行くな」と言われれば何日でも家でじっとしていられるようなロックダウン向けの人種は、まずはやっぱり「エクササイズ」が必要なんですよね。この歳になると、体の内側から元気にならないといけなくて、ここ数年の体調不調は、紛れもなく運動不足が原因。
そして、3Dで全身をスキャンして、どこにどれだけ脂肪と筋肉が付いているかが見られる機械が置いてあるジムがあるので、まずは、それで、自分の体を知ることが大事だとおススメされたんです。

そしたら、なんとその次の日。鍼に行ったんですが、鍼の先生にまったく同じことを言われたんですよ!私みたいに、理論詰めで物事を考えて行動をするタイプの人間は、自分の体のどこにどれだけ脂肪と筋肉が付いているかを画像を見て知ることで、自分にどんなエクササイズが必要で、どこの脂肪を落として、どこに筋肉をつけなければいけないか、理論的に理解する方が、きっとやる気がでるんじゃないかって!すごい!二日連続で、違う人に同じこと言われた!

そーかー。でも出不精のわたしは、なかなか「外で何かする」というのは気が進まないんですよねー。誰か家に来てくれたらいいんだけど。。。
というわけで、ここ最近は、Youtubeで自宅エクササイズをしています。
でも、エクササイズというほどのものではなくて、ストレッチ。本当は有酸素運動をすべきなんですが、とりあえずは「寝ながらできるストレッチ」を続けています。簡単で、しかも全然大変じゃないので続くんですよね。しかも、一週間も続けると、「そろそろ立ってエクササイズしてみようか」という気になってきました。
まずは、毎日のエクササイズを習慣化すること。そして、「寝ながら」から「立ってみようか」と思うようになっただけでも、わたしの中では相当な進歩です(笑)

「美容と健康」というのは、ずっと若くありたいというのとは違って、歳相応に、その年齢で発揮できる美しさを保って行きたい。っていうことなんですよね。「美容」と言うと、とかく贅沢なことだと思われがちですが、そうではなくて、ライフワークの1つとして、今後も精進していきたいと思っています。
今回、 女子会で「女子力パワー」を注入してもらったので、しばらくはまた美容とエクササイズに励んでみようと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA