昨年のイースターは、どこにも行かずに、
ひたすらビニールハウスを組み立てていた私たち。
今年のイースターはどうしようかな~。と思っていた時に、
「そうだ!イースターの土曜日は、普段いけないファインダイニングが開いてるかも!」
と、去年の経験を思い出し、いろいろ調べてみると、
やっぱり、開いてるんですね。イースターの土曜日は!

そして、今回、この、年に一度の貴重な土曜日を使って、
どこのレストランに行くことにしたのかというと、
クライストチャーチにある「Roots Restaurant 」です。

christchurch クライストチャーチ Roots Restaurant

Roots Restaurant は、地震の後にクライストチャーチにOPENしたレストランなので、
私たちにとっては、未知のレストランなのですが、
ここは、Cuisine のGood Food Award で3ハットを獲得しているくらいスゴイお店なのです!
オークランド以外の都市で、3ハットを獲得している唯一のレストランでもあります。

さて、このRoots Restaurant は、クライストチャーチでも、
リトルトンという、きっと多くの人は知らない町に店を構えています。
クライストチャーチの中心部から車で20分ほどですので、
間違いなくクライストチャーチの一部ですが、
観光や仕事でクライストチャーチへ訪問して、リトルトンへ行く人はあまりいないでしょう。
クライストチャーチとリトルトンは、NZで一番長いトンネルで結ばれていて、
古い町並みが残る、港町です。
なんと、このトンネルが建設されたのは1964年で、
2kmもある長~いトンネルなのです!
私は、クライストチャーチに住んでいた頃、リトルトンが好きで、
よく遊びに行っていました。
ワーホリの頃は、バスに乗っていくんですが、
このトンネルを抜けるだけで、なんだか異国へ行くような気分になったものです。

クライストチャーチ リトルトン

この辺りは、カンタベリー平野であるクライストチャーチの中では珍しく、
山に囲まれたエリアなので、
地震の時には、落石の被害が多く出たところでもあります。

クライストチャーチ リトルトン

さて、リトルトンのことに話はそれてしまいましたが、
Roots Restaurantは、そんなリトルトンにお店をOPENしました。

Roots Restaurant は、
その日に採れた、最高の状態の自然からの恵みを使って料理を提供しているので、
メニューはありません。
シェフのおすすめコースのみです。
この前行った「Pasture」もそうでしたね。

シェフのGiulioさんの言葉です。

‘We care for what we cook and why we cook it. Every single ingredient has a meaning, it has a story to tell.
We make the story even better when we create something new and serve it to our guests.’

というわけで、イースターの土曜日は、
「Roots Restaurant 」で食事をするために、
クライストチャーチへ行くことにしました!

クライストチャーチへは、毎年花見の季節に行くのですが、
お店が日曜日しか休みではないので、ほぼ日帰り。
でも、今回は、ゆっくり2泊3日の滞在で、
久しぶりにクライストチャーチでのんびりしたいな~。と思ってます!

しかも、いつもはどこかのレストランで集まる、いつもの面々が、
今回は、私たちの宿に集まることになったので、
ホテルではなくて、Airbnbで一軒家を予約しました。
2人で泊まるのに、4BDRもあるんですが
ヤハギさんとキンジさんの家の近くにあって、
まわりを気にせずに過ごせそうなので、今から楽しみです!

あと10日ほどありますが、
イースターの連休までは、お店も静かそう。
貯金をしないNZ人は、ホリデー前後に突然お金をセーブし始めるんですよね~。
いつものことです。

つづく

クライストチャーチ2泊3日の旅の始まり。②

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA