さて、はじめて保護猫ちゃんのお世話をしてから暫くたちますが、この度、保護猫ちゃんを2匹お世話させていただくことになりました!
というのも、前回のダックちゃんが、スーパー元気くんで、あまりにもジジの後を追っかけ回すので、ジジの平穏が保てず、もし仔猫ちゃんが2匹いれば、2匹で遊んで、ジジのことを追っかけたりしないのでは?と思ってのことでした。

そしてやってきた2匹の仔猫ちゃん。
茶トラのRufusと、トラ猫のMeisha。
二人とも、生後3~4ヶ月くらいの仔猫ちゃんです。

同じところからやってきたのであれば、最初から仲良しで問題なかったのですが、別々のところから一匹ずつやってきたので、まずは、一匹は大きいネット小屋。もう一匹は個室に隔離することにしました。

Meisha はとってもシャイで、我が家に来てから、毛布の中に隠れてまったく出てこない状態でしたので、人や他の猫の気配がない方がいいと思い「個室」へ。Rufus は最初からとても寛いだ様子だったので、リビングにある大きいネット小屋へと入れました。

前回のダックちゃんのときは、姿が見えなくてもニャーニャーと大きい声で鳴いたり、扉に体当たりしていたので、ジジと虎丸はその存在に気がついていましたが、静かに身を潜めているMeisha には、ジジも虎丸も気がついていない様子でした。リビングのネット小屋の中にいるRufus は、大人しくはしているものの、さすがに姿が見えるので、ジジも虎丸も、Rufus をずっと観察しながら、フーとかシャーとか言っていたのですが、どちらが手を出すでもなく、Rufus に関してだけ言えば、「全然気にしてない」といった様子で、とってもマイペース。誰が外をウロウロしても、終始寛いだ様子を見せていました。

Meisha は、部屋に行って遊ぼうと思っても全然出てこないので、まずは、わたしが敵ではないことをわかってもらうために、根気強く声をかけて、遊びに誘ううちに、次の日には、名前を呼べば出てくるようになって、一緒に遊んで甘えてくるようになりました。

さて、部屋の広さから言えば、元気に走り回るRufus を個室に、大人しく座っているだけのMeisha をネット小屋に入れる方がちょうど良いと思っていたので、Meisha が慣れてきたところで、ふたりを入れ替えてみることに。

ところが、リビングのネット小屋に出されたMeisha は、またもや毛布に隠れてしまって、全然姿を見せなくなってしまったのです。反対に、Rufus は、ネット小屋よりも広くなった部屋の中を走り回って遊んで楽しんでいる様子。う〜ん。

Rufus は立つのが得意なようで、よく立ってます(笑)

次の予定としては、Meisha とRufus を対面させて、一緒に個室で過ごしてもらうこと。
その次の予定としては、ふたりで一緒に過ごせるようになったら、ふたり一緒にリビングのネット小屋に入れて、ジジと虎丸に対面させること。
ふたりの存在をジジと虎丸が認知してきたところで、まずは虎が出かけているときに、ジジと一緒にリビングに開放してみる。
最終目標は、虎丸が家にいるときでも、2匹をリビングに開放することです。

というわけで、新しい仔猫ちゃんが2匹加わった我が家の生活は、突然楽しく忙しいものになったのでした。

命名「ルーちゃん」と「メイちゃん」。
ちょっとしばらく猫ちゃんの話題が続きますが、どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA