さて、コロナの甚大なる影響を受けているクィーンズタウンです。
はっきり言って、クィーンズタウン在住者のほとんどが関わっているツーリズムとホスピタリティ産業は、この数か月で壊滅状態になるでしょうね。この数か月を乗り切れるかどうかで、明暗がはっきり分かれることと思います。うちは、暗になるかもしれません。なんて言ったって、弱小個人経営店ですよ。こんな終わりの見えない戦いを、乗り切れる保証はどこにもありません。

家賃は発生するし、人件費も発生するし、自宅で家賃も発生せずに家族だけで経営しているわけではないので、続けるしかありません。スタッフの給与援助の施策が打ち出されましたが、それはあくまでも「スタッフは今まで通りの給料がもらえる」というだけで、経営そのものの助けになるわけではありません。まあ、何もないよりはもちろん良いのですが。。。
クライストチャーチ地震の時も、同じような施策が出たので、きっと今回も出るとは思っていましたけどね。あの時はもう営業できなかったので、それが退職金代わりとなりましたが、今回は、お客さんが来ないだけで営業は今まで通り継続ですから、これまた状況が違います。

とはいえ、お客さんが来なくても、今まで通り店を開けて営業を続けるわけですから、少しでも多くのローカルの方に来てほしいものです。
そして、スタッフにも生活がありますから、なんとか一緒にこの難局を乗り切って欲しいと思っています。

というわけで、こんな時は、一致団結、スタッフパーティですよ!
暗くなってる暇があったら、楽しいことを少しでも増やさなければ!
落ち込んで過ごしても、未来が変わるわけではありません。

なんと、この苦境の現在、実は、スタッフを12名も抱えております。
スタッフの奥様なども参加してくれて、全部で14名も集まりました!

会場は、いつも通り我が家なのですが、今回用意した料理は、おでん、たこ焼き、焼肉。これが、思った以上に上手く行ったんですよね。

まず最初に、来た人から、おでんを自由に食べ始め、全員揃ったところで、家の中でたこ焼きする組と、外で焼肉をする組に分かれ、食材は2回戦分用意していたので、途中で中外交代。外が寒くなってきたところで、また中に入っておでんで温まる。っていう。

焼肉は、庭で取れたズッキーニや、クライストチャーチのお土産でもらった牛タンなど、ほんと美味しかった!合間に庭からラズベリーやブルーベリーを摘んで食べるという贅沢。

いつも、パーティの時は洗い物が面倒くさいので紙皿を買ってきていて、食事が終わっても捨てるだけ。

そのあとは、リビングとダイニングに適当に分かれて、酒を飲んだり、猫ちゃんたちと遊んだり、我が家にある様々なマッサージグッズを楽しんだりしました。

15時に始まって、解散は21時。みんな、とっても楽しんでくれたみたいで大成功でした!こういう時間が、また仕事への活力にもなるし、チームワークにも繋がるんですよね。
たまにこういう集まりをすると、私も家を大掃除するし、ほんと、いい機会です。

猫ちゃんたちも、思いっきり遊んでもらって、夜はぐっすり。

この苦境は、最低でも6月末まで続くと思うんですが、なんとか乗り越えられるよう、スタッフみんなと一緒に頑張りたいと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA